SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

これから運用したいソーシャル1位は「Google+」、でも「わからない」が最多に【企業のソーシャルメディア活用動向調査】

 カレンが発表した「企業のソーシャルメディア活用動向調査2012」によると、公式アカウントを開設しているソーシャルメディアは「Facebookページ」(82.1%)と「Twitter」(62.4%)の2つが突出。今後アカウントを開設・運用したいソーシャルは「Google+」「Pinterest」「LINE」「YouTube」で、「LINE」のアカウント開設意向はtoCが多くなっている。ただし、最も多い回答は「わからない」となっており、次から次へと現れる話題のソーシャルサービスに様子見をするマーケターも多いようだ。

 ソーシャルメディアマーケティングにおける成果指標としては「フォロワー数」「シェア数」「Web誘導」「成約」をあげる人が多く、施策面での課題としては「フォロワー数」「投稿への反応・シェア」「PDCAサイクル」「ユーザーの刈り取り」、運用面での課題は「ノウハウ属人化」「リソース不足」「ネタ切れ」が上位に入っている。

 また、販促につながる取り組みは「商品購入・サービス申込ページへのリンク設置」がトップで、「体験イベント案内」「個人情報取得キャンペーン」「メルマガ登録案内」などが続き、toBでは資料請求を訴求する傾向がある。また、高価格帯では「購入・申込へのリンク」より「体験イベント案内」のほうが多い層も見られた。

【調査概要】
調査対象:マーケティング業務に携わっている方 ※ソーシャルメディア活用の有無は問わず
有効回答数:331名
調査方法 :アンケート調査
調査時期 :2012/07/27~2012/08/5

【関連記事】
カレン、言語処理技術を持ったソーシャル・リスニングツール「Social Navigator Marketing Edition」
スマホ向けメールは3割が対応、ソーシャルを意識したコンテンツ作成は2割弱が意識
ソフトバンク、フィルタリングサービスを利用する高校生も「LINE」を利用可能に
「Pinterestランキング」公開企業公式アカウント、人気トップはHello Kitty
「LINE」登録ユーザー数が世界5000万人突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/09/11 16:34 https://markezine.jp/article/detail/16314

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング