MarkeZine(マーケジン)

記事種別

デジタルガレージ、ID-POSデータと連動した広告運用サービスをリリース 店頭での獲得効果を可視化

2017/08/22 13:00

 デジタルガレージの新広告運用サービス「POS UP!-オンライン広告」がリリースされた。同サービスでは、日次単位で取得したID-POS全購買データを分析し、その結果をもとに広告運用を最適化する。

 デジタルガレージ(以下、DG)は、ID-POSデータと連動した広告運用サービス「POS UP!-オンライン広告」の提供を開始した。

 同サービスは、スーパーやドラッグストアのポイントカード会員約5,000万人分で構成されるID-POSデータ「True Data」を活用し、消費財メーカーのデジタル施策を支援する広告運用サービス。

 ネット広告を起点とした店頭での顧客獲得を目的とし、日次単位で取得したID-POS全購買データを分析し、広告配信を最適化する。

 同サービスはTrue Dataを活用することで、これまで難しかったネット広告による店頭での顧客獲得効果の可視化が可能となった。購買者の年代や性別といった詳細な属性データに加え、新規顧客の比率やブランドチェンジによる購買、既存顧客の継続率を把握し、これらの指標をさらなる費用対効果向上に活用できる。

 また、Webとリアルのプロモーションにおいて豊富な実績を有するDGが、メディアやクリエイティブのA/Bテストを行い、ターゲットの店頭購買が向上する要因を検証・特定し、最適化に向けた広告プランの改善といった高速PDCA運用を一貫して行う。

【関連記事】
デジタルガレージと講談社、雑誌コンテンツとAI技術を組み合わせたメディア「HOLICS」を開設
DG Lab、AIで対話型の顧客体験提供するオープンプラットフォーム開発
Square、電子レシートを顧客エンゲージメントツールにする「Square メッセージ」提供へ
GfK ジャパン、マーケティング・ミックス・モデリングの提供を開始 販売データもとに効果測定
富士通とトレジャーデータが協業 POS・CRMデータをアプリやモバイルのログとつなげ高速分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5