MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂DYメディアパートナーズら3社、スマートスピーカーによる「音声広告配信」の実証実験を開始

2018/07/20 12:45

 博報堂DYメディアパートナーズは、ロボットスタート、イードと共同で、スマートスピーカーやApple Podcast、Google Podcastsなどに配信されるニュースコンテンツ内で広告を配信するネットワークを構築し、2018年7月23日から広告配信の実証実験を開始することを発表した。

 同実証実験では、博報堂DYメディアパートナーズが広告主を集め、ロボットスタートがメディアの音声化および広告配信の仕組みを作り、イードが提供するニュースコンテンツ内において音声広告を配信。スマートスピーカー・ポッドキャスト利用者の広告受容度や、広告ビジネスの可能性を探っていく。

広告の露出イメージ/利用者がニュースコンテンツを視聴すると、ニュースとニュースの間に広告が再生される。

広告の配信イメージ
利用者がニュースコンテンツを聴取すると、ニュースとニュースの間に広告が再生される。

 3社は今後、今回の実証実験の結果を活かし、音声広告配信ネットワークのマネタイズを含めた本格始動を目指す。また、既存のデバイスにとどまらず、既に日本でも発売され始めたディスプレイ搭載型デバイスなども考慮に入れ、音声と映像を組み合わせた広告配信にも取り組んでいく。

【実施概要】
実施期間:2018年7月23日(月)~8月31日(金)
配信対象のニュースコンテンツ:「ロボスタニュース」「レスポンス 最新クルマ情報」「RBB TODAY 最新IT情報」「インサイド 最新ゲーム情報」「Game Spark コアゲーマー向けゲーム情報」「GameBusiness.jp 最新ゲーム業界動向」「アニメ!アニメ! News」「シネマカフェ最新映画&エンタメ情報」「CYCLE 最新スポーツ情報」「リセマム 最新教育情報」「ScanNetSecurity 最新セキュリティ情報」「Spyder7 自動車スクープ」(計12コンテンツ)

【関連記事】
機会損失を防ぎ会話データも活用できる!感情分析AI搭載のスマートスピーカー「kAIwa」登場
Amazon、スクリーン付きスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」を販売開始
博報堂DYMPと東京理科大、スマートスピーカー向けのニュース記事最適化システムを開発
博報堂DYMPと東京理科大、AI活用でニュース記事をスマートスピーカー向け音声コンテンツに最適化へ
LINE、クラウドAIプラットフォーム「Clova」を発表 NEVERと共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5