MarkeZine(マーケジン)

記事種別

セプテーニ×「VeleT」のタッグで見えた、デジタル広告の課題と解決策

2020/01/30 10:00
目次

セプテーニ×VeleTがもたらす相乗効果とは?

MZ:VeleTとセプテーニがタッグを組むことでどういう相乗効果がありますか。

伊藤:セプテーニさんはお客様と深いお付き合いをされていて、デジタル広告全般のノウハウもお持ちです。そのため、現在お客様が行っている広告にVeleTがどういった相乗効果をもたらすかということを、客観的かつ包括的な視点で適切にプランニング・ご提案してくださいます。

 私たちは動画広告を専門にしていますが、セプテーニさんがマネジメントされている他のデジタル広告とも絡めて一気通貫したプロジェクトに寄与できるのが一番のメリットだと感じています。

千田:我々もお客様と向き合う中で、お客様が抱える課題感をしっかりと認識・理解した上で、数ある手段の中からVeleTが適切だと考えた際にご提案しています。第三者である我々が選択しご提案することで、受け入れられやすいということはあるかもしれません。VeleTの調査・分析結果を他の動画メディアにも転用するというお話もできますしね。

伊藤:VeleTで得られた分析結果を他の広告にも活用いただくことは大歓迎です。PDCAを回してきちんと課題解決をする動画広告を配信していくという我々のやり方は、かなり専門性が高く、かつ工数もコストもかかるので、広告代理店さんからするとややハードルが高いのでは、と思います。広告代理店さんにとっては、クライアントの目的達成のための手段の一つが動画広告であって、動画広告のみに注力されているわけではないので。

 それでも、セプテーニさんのように、お客様のためにやったほうがよければやるという広告代理店さんと一緒にお仕事ができているのは、本当にありがたいです。

タッグを組んで事業に貢献

MZ:今後VeleTをさらにこう進化させていきたいというのはありますか。

伊藤:アトリビューション分析をもっと深堀していきたいと考えています。提携する計測ベンダーさんとシステムを連携することで、さらに深掘りできるような座組みが整ったので、面単位までしっかり分析の幅を広げていきたいです。

 また、最近は動画広告をどういう環境の人に当てたらいいのかという観点も重視されるようになっているので、効果をさらに上のファネルへと引き上げるためにも、位置情報や見る人の感情といったデータを使うことに、さらに力を入れていきたいです。

 そうしたデータで説得力を出せないと、どうしても広告主の皆様はターゲットを絞るほうへ向かってしまいますので。また、これまで注力はしていなかった、異なる動画フォーマット枠への対応にも力を入れ、配信先や配信面も一気に増やしていきたいと考えています。

MZ:最後に、お二人の今後の展望をお聞かせください。

伊藤:これまでVeleTは直接取引の案件が多かったのですが、セプテーニさんのようにうまくVeleTを活用してくれる広告代理店さんとのアライアンスが少しずつ増えております。広告代理店さん経由の案件でも、私たちがこれまで一貫して行ってきたデジタルマーケティングを届けてお客様の事業に貢献できたら嬉しく思います。

 私たちは一部分を担う形で入っても、よい波及効果を出せる価値ある存在になれると思うので、そのためによりご活用いただけるとありがたいです。

千田:5Gなど通信環境が整ってくることで、今後ますます動画の活用がメインストリームになってくると考えています。お客様からの注目度も高くなっていますし、我々としても伸ばしていきたい領域です。

 アルファアーキテクトさんのように、動画に強いパートナーとタッグを組むことで、より一層お客様の課題解決に取り組んでいきたいと思っています。

「VeleT」の詳細に関してはこちら
同ソリューションに関するお問い合わせは、アルファアーキテクト株式会社まで
担当:広報 藤坂嘉乃
E-mail:support@a-a.email

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5