SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』特集

COVID-19がマーケティング・営業にもたらした3つの変化

 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、企業の営業とマーケティングに大きな変化が起きている。そんな中、企業にマーケティングソフトウェアを提供するHubSpotが、顧客データをもとにCOVID-19のマーケティング・営業活動へのインパクトを調査した。本記事では、同社の日本法人で共同事業責任者・シニアマーケティングディレクターを務める伊佐裕也氏がその結果のサマリーを紹介。今後企業に求められるアプローチも明らかになった。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2020年9月25日刊行の定期誌『MarkeZine』57号に掲載したものです。

全世界70,000社の顧客データを、コロナ前とコロナ禍で比較

HubSpot Japan 共同事業責任者/シニアマーケティングディレクター
伊佐 裕也(いさ・ひろや)氏
DELL、ソニー、Googleなどのグローバル企業でマーケティング業務に従事。GoogleではSMBマーケティングチームを統括し、中小企業向け事業におけるインサイドセールス・マーケティング体制の構築を行う。その後クラウド会計ソフトのfreee、クラウドロボティクスのRapyuta Roboticsなど日本発のBtoBスタートアップ企業でマーケティングチームを統括。2018年より現職。

 HubSpotは、COVID-19が世界の企業に大きな影響を与えていることを受け、全世界70,000社以上のHubSpotの匿名化された顧客データをもとに、営業・マーケティング活動がどのように変化しているのかを調査。その結果を2020年4月より週次で公開してきました。

 今回の記事では、そのデータの一部に日本のHubSpot顧客の傾向を加えて、グローバル並びに日本国内のマーケティング、営業における変化、そして企業に求められるアプローチを解説します。

 なお、今回ご紹介するデータには2つの種類があります。1つは前四半期比データです。2020/1/13週〜3/23週を「Q1」、3/30週〜6/22週を「Q2」として、それぞれの期間内の週次データ平均値同士を比較しました。2つ目は対ベンチマークデータ。2020/1/13週〜3/2週の週次データ平均値を「COVID-19以前ベンチマーク」とし、当該ベンチマークに対する期間内週次データを比較しています。

この記事は定期誌『MarkeZine』購読者限定です。お申し込みをされますと続きをお読みいただけます

次のページ
調査でわかった3つの変化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』特集連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング