SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

松井証券が動画サイトでのレビュー活用でファン化を実現。顧客との相互コミュニケーションが作る価値とは

 松井証券が2021年3月から運営する動画でわかる投資情報メディア「マネーサテライト」では、サイト活性化を主目的として、レビュー・口コミ・Q&Aエンジン「ZETA VOICE」を導入している。レビューからは動画コンテンツ制作の示唆を得ただけでなく、当初の予想と反する意外な反響もあったという。今回は、松井証券とZETAの担当者に、導入に至った背景、活用により得られた成果などを伺った。

既存顧客に向けた「動画でわかる投資情報メディア」を開設

MarkeZine編集部(以下、MZ):本日は、松井証券が運営する動画でわかる投資情報メディア「マネーサテライト」において、レビュー・口コミ・Q&Aエンジン「ZETA VOICE」をどのように活用しているかを伺っていきます。まず、「マネーサテライト」とはどのようなメディアであるか教えていただけますか?

小宮:私が所属する投資メディア部では、「投資を楽しく簡単に」というミッションのもと、投資に関わる様々なコンテンツの企画・制作・サイト管理・プロモーションなどを一貫して行っております。「マネーサテライト」はその取り組みの一つとして、2021年3月にオープンした“動画でわかる投資情報メディア”です。当社で取り扱っている株式や投資信託、FXなど、資産形成に関わる金融商品の情報をはじめ、日々の市況・マーケット情報、当社サービスのご案内や操作方法まで、幅広く動画で配信しています。

「マネーサテライト」トップ画面

MZ:なぜ動画メディアを作られたのでしょうか?

小宮:目的としては3つあります。1つ目は、証券営業を動画化すること。コロナ禍になったことや5Gが普及したことで、ネット動画を視聴する人が急増しています。これまではテキストメディアを中心に投資情報をお届けしてきたのですが、当社のメイン顧客である50~60代の方々も当たり前にYouTubeを見るようになってきていることから、動画でのアプローチにも注力していくことにしたのです。

 2つ目は、既存のお客様がより一層投資しやすい環境を作ることです。動画はテキストに比べて、短時間で多くの情報を届けることができると言われています。日々状況が変わる株式市場を迅速にかつわかりやすく動画として発信することで、お客様の取引を支援しています。

 3つ目が、サービス説明業務の効率化です。当社はネット証券なので基本的に対面での顧客案内は行っていませんが、コールセンターでお客様からご質問を受け付けています。ただ、やはり電話だと時間がかかりますし、市況によって問い合わせが集中してしまうことがあります。そのときに動画を見て解決できる方が増えれば入電数も抑えられ、業務効率化、代替化につながると考えました。

松井証券株式会社 投資メディア部 コンテンツプロデューサー 小宮将史氏

MZ:マネーサテライトの他に、YouTubeで「松井証券チャンネル」も運営されていますよね。これらは使い分けているのですか?

小宮:YouTubeチャンネルは若い世代を中心とした新規顧客の流入を目的に運営しており、投資初心者向けにおもしろく・わかりやすい動画を発信しています。一方、マネーサテライトは既存のお客様をメインターゲットとして、今取引するにあたっての有益な情報を意識して発信するという形で使い分けています。

松井証券の独自コンテンツで他社との差別化を図る

MZ:既存顧客向けの情報も、手厚く発信されているのですね。

小宮:そうですね。お客様が多く取引してくださることが私たちの収益にもつながりますので、口座を開設したあとのフォローも大事にしています。また既存顧客に対する情報を多く発信することは、新規顧客の獲得にも非常に重要だと捉えています。コロナ禍を機に、新規で株式取引を始める人も増えていますが、今や個人投資家の9割以上がネット証券を使っています。ネット証券もいくつかありますが、商品ラインナップや手数料などのコストで大きな差を付けづらい状況の中で、「投資情報提供」に重きを置いており、当社店内の取引データを基にした独自の動画を作ることで他社との差別化を図っています。

MZ:動画制作はどのように行われているのですか?

小宮:社内にスタジオを持っており、自社で収録や編集をしています。外部業者に依頼するケースもありますが、大半の動画は自社内で制作作業を完結しています。これによってオリジナルの情報を、鮮度の高い状態でスピーディーに提供できる体制になっています。今は1日平均3本の動画を公開しており、2021年度は1年間で1,000本ほど公開しました。

MZ:それはすごいですね。マネーサテライトで紹介した商品をそのまま購入できるような導線も作っていると伺いました。

小宮:はい。特定の銘柄を紹介した動画では、ページ内のボタンを押すとその銘柄の取引画面に行ける仕組みを2022年1月末にリリースしました。取引ツールへのアクセスやログイン、銘柄検索といった手間が省かれるため、動画を見て興味を持った銘柄の情報確認や注文を簡単に行うことができます。

次のページ
カスタマイズ性・セキュリティ面が強みの「ZETA VOICE」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

落合 真彩(オチアイ マアヤ)

教育系企業を経て、2016年よりフリーランスのライターに。Webメディアから紙書籍まで媒体問わず、マーケティング、広報、テクノロジー、経営者インタビューなど、ビジネス領域を中心に幅広く執筆。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/13 10:00 https://markezine.jp/article/detail/38606

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング