SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

アジャイルマーケターの挑戦(PR)

すべてはマーケター自身の体験から始まる、Braze主催「FORGE Japan 2022」の歩き方

体験してから裏側を知ることで、腹落ちできる

 なぜここまで体験を豊かに作り込むのか。それはBrazeの技術自慢が目的ではない。

 「事例セッションを聞いてわかった気になったが、結局自社に生かせなかった」という経験に心当たりはないだろうか。そういった残念なイベント体験をひっくり返したいという思いから、FORGE Japan 2022では「デジタルエンゲージメントの体験」「裏側の技術理解」「最新事例からの刺激」の3つを実現するという。

 まず先述の通り、イベント会場では最先端のデジタルエンゲージメントを参加者が実際に顧客として体験する。次に、その体験を作り出す技術についてセッションを通して理解できる。来場者のデータを使ったエンゲージメントの裏側をリアルタイムで見ながら解説するセッションが予定されているのだ。

FORGE Japan 2022のすべてはデジタルエンゲージメントの実体験から始まる。
FORGE Japan 2022のすべてはデジタルエンゲージメントの実体験から始まる。

 さらには、Brazeを活用している企業の最新事例を体験し聞くことで、昨今のカスタマーエンゲージメントにおける数々のチャレンジから刺激を受けられる。メルカリUSなど海外企業の先進的な取り組みも紹介される予定だ。

 このように、基調講演や事例セッションでいきなりビジョンや裏側を理解するのではなく、まず顧客として体験できることが本イベントのポイントだ。

 「Brazeは『お客様の行動に合わせてエンゲージメントすることが大事』だと提唱してきました。まさにその重要性を顧客として実感した後で、どんな技術で動いているのか、企業がいかにBrazeを活用してカスタマーエンゲージメントを実現しているのかを知ることで、腹落ちしやすいのです」と菊地氏は語る。

 「マーケターの皆さんが新しいカスタマーエンゲージメントの形を考えるきっかけになり、クリエイティビティをさらに解放する刺激を与えられると期待しています」(菊地氏)

Brazeが実現するリアルタイム性の大切さ

 もう一つ、FORGE Japan 2022で注目のポイントが「リアルタイム性」だ。先述の通り、来場者のオフラインの行動もリアルタイムで把握しアプリでエンゲージメントする。リアルタイムで顧客エンゲージメントを作り出せるのは、Brazeのソリューションの醍醐味である。

 今の時代、顧客の態度変容は非常に速い。もちろん、コロナ禍においてデジタルデバイスを通したコミュニケーションが主流になったことで、顧客の態度変容スピードは加速したが、「今後はその顧客たちがモバイルデバイスを持って様々な地域を移動し、掛け算になっていく」と菊地氏は考察する。

 「そのときに『この顧客はどういう行動様式を取ったから、こういったエンゲージメントをしよう』という判断をスピーディーに行わなければなりません

 Brazeでは、顧客とその周辺の環境をリアルタイムで捉え、その顧客に対してリアルタイムにメッセージを発信でき、さらに顧客の行動様式がどう変わったかをリアルタイムで把握できる。このリアルタイム性を駆使することで、消費者の心理に寄り添うエンゲージメントができるわけだ。

 イベント内でリアルタイム性の重要性を実感し、活用の可能性を知ることで、これからの時代に必要な新しいエンゲージメントスタイルを考えるヒントになりそうだ。

次のページ
マーケターが注目すべきは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
アジャイルマーケターの挑戦連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岡田 果子(オカダ カコ)

IT系編集者、ライター。趣味・実用書の編集を経てWebメディアへ。その後キャリアインタビューなどのライティング業務を開始。執筆可能ジャンルは、開発手法・組織、プロダクト作り、教育ICT、その他ビジネス。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/22 10:00 https://markezine.jp/article/detail/39150

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング