SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ライブドア、新規事業「ブロガーアライアンス」を始動

 今回、ライブドアが発表した「ブロガーアライアンス」は、

  • ブログサービスの運営継続と新規参入を、システム面から支援し、アクティブなブロガーを増やすこと
  • ブログクチコミ広告のノウハウを各種メディアに提供し、健全かつ、巨大なクチコミ市場を作り出すこと

 を目的とした新事業だ。具体的には、「livedoor Blog ASP」のブロガーネットワークと、「livedoor BR」提携パートナーとのクチコミプロモーションを組み合わせ、クチコミプロモーションの相乗効果を狙っていく。

ブロガーアライアンスサイト
bブロガーアライアンスサイト
ブロガーアライアンスのイメージ図
ブロガーアライアンスのイメージ図

 livedoor Blog ASPの最初のASPパートナーとしては、昨年から、急激な成長を続けているイラスト共有サービス「pixiv」だ。4月23日、同社はブログサービス「pixivblog」をスタートさせる。

現在はカウントダウンページとなっている
現在はカウントダウンページとなっている

 livedoor Blog ASPでは、ブログサービスをはじめたい事業主に対して、ライブドアのデータセンターで稼働しているlivedoor blogと同じシステムを提供する。ブログ事業者は、サーバーや回線のメンテナンスも不要で、スパム対策やパトロールなどもlivedoor blogと同様に施されるほか、OpenID認証も利用できる。

 また、ドメインやデザインは事業者ごとにカスタマイズ可能で、ブログのクチコミ広告も新たな収益源として期待できるとしている。システム利用は、小規模スタート事業者向けの従量プランが、1ブログあたり月額50円からとなっている。

 一方、pixivの狙いはイラストレーターがpixivのIDを1つ持っていれば、イラスト愛好者がネット上で必要なサービスをすべてまかなえるようにすることだ。

 既存のpixivのサービスでは、イラストを発表することはできても、それと連動して告知を掲載するなどイラストレーターが自身をプロモートする部分が弱かった。今回の提携で、イラスト(pixiv)とテキスト(pixivblog)が補完しあうことが期待される。pixivではpixivblog開設に合わせて、イラスト作品をブログに掲載するためのブログパーツを提供するとしている。

 「livedoor BR」は、商品やイベントのプロモーションにブロガーの体験を活用するクチコミプロモーションのサービス(BRは「ブロガーリレーションズ」の略)だ。

 BRメディアパートナーの実績としては、ビジネストレンド情報誌「DIME」と連動したクチコミ広告「ブロマガ」が発表された。このように、他メディアとのクロスメディアを積極的に試みることでクチコミ広告市場のさらなる拡大を進めていく。

 今回の発表の中で、ライブドアでは、2011年中の事業目標としてパートナー100社、800万開設ブログ、「ブロガーアライアンス」での売上規模を20億円と掲げた。今回は、ブログ事業に新規参入するpixivがASPパートナーとして発表されたが、昨今閉鎖が相次ぐ小規模なブログサービスを継続させる受け皿としても考えられており、たとえば「Doblog」のように立ち行かなくなっているブログをまるまるlivedoor Blog ASPでホスティングするといったこともありえなくはないようだ。

【関連記事】
ライブドア、分社2期目で通期黒字化を達成
ライブドア携帯サイトがリニューアル、ファーストビューを効率的に使ったデザインに
ライブドア、ブロガーの記事をプロがニュースにして配信する新サービスを展開
ライブドア、ファイル公開の有効期限を制御するApacheモジュールを公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

モーリ・タロー(モーリ タロー)

フリーダムなIT系編集者・ライター 90年代半ばからIT系書籍編集者として『FreeBSD徹底入門』『ウェブログ入門』『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』などを手がける。 2008年に独立し、ソーシャルメディア、オープンソース関連を中心に執筆活動を行う。 2012年4月から、株式会社はてな シニア・エディター。●hatena: http://www.hatena.ne.jp/mohri ●twitter: http://twitter.com/mohri ●Facebook: http://www.facebook.com/imkt5l

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング