SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ホットリンクグループ、予兆発見・分析ソリューション「予兆@分析官」、第一弾は 「ヒットする食の予兆発見分析サービス」

 食および食品に関する情報は、ソーシャルメディアで最も多く共有され、今後も増大する内容のひとつと考えられている。予兆発見ニーズは大きいものの、その情報から食や食材のヒットの兆しを捕らえるため、ホットリンクとホットリンクコンサルティングは、データサイエンスの手法を用いて、いち早く市場予兆を発見することを可能にした。

 予兆解析においては複雑系科学で利用されている 「ランダムディフュージョンモデル」 という数理・解析モデルを活用し、ソーシャルメディアに日々記述されるキーワードの変化量の偶然値と必然値を判別、定量的なトレンドを把握する。「塩麹」や「パンケーキ」「グリーンスムージー」など、過去にヒットした食カテゴリーの事例分析の結果、最長で1年以上、最短で半年程度先行して、その予兆検知に成功したという。

  「予兆@分析官」では、食品メーカーなどからの依頼をもって、ソーシャル・ビッグデータのトレンドクローリングを定期的に実施。その時点で兆しの見られる食のキーワードの中から、必要とする食材情報・内容を抽出し、その予兆背景をソーシャルリスニングにて詳細把握するレポーティングやコンサルティングを行う。また、レポーティングの内容に基づいた、商品開発、市場動向調査、テストマーケティングの実施など、施策への展開もサポートも行う。

【関連記事】
話題のホット炭酸飲料、30代以上のミドルエイジに好評か
ガリガリ君「クリームシチュー味」の評価はいかに?
ネットイヤーグループ、ホットリンクとソーシャル・ビッグデータ領域において戦略的業務提携
ホットリンク、金融ビッグデータのリアルタイム可視化・変動リスク予測ツールをリリース
ふなっしーがプリッツに!「プリッツ<梨汁ブシャー味>」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/01/17 12:00 https://markezine.jp/article/detail/19155

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング