MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スマホからの「グルメ/飲食店」サービスの利用動向は?【ニールセン調査】

2015/04/22 16:00

 ニールセンは、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」をもとに、「グルメ/飲食店」サービスのアプリとブラウザからの最新の利用動向を発表した。

 飲食店情報を調べることができる「グルメ」サービスは、ブラウザからの利用者の割合が高く、ブラウザのみで利用している人の割合が約80%を占めていた。一方、飲食店会社自体が提供している「飲食店」サービスはアプリからの利用者が多く、83%の人がアプリから利用していた。また、アプリのみから利用している人の割合を比較してみると、「飲食店」では半数以上の人がアプリのみでサービスを利用しているのに対し、「グルメ」では6%にとどまっていることがわかった。

※「グルメ」サービスは、ニールセン独自分類の「食品、料理」および「クーポン、報酬」から、飲食店情報をメインに調べることができるサービスの利用者数TOP3として「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパー」を抜粋。スマートフォン利用者全体の41%が、3サイトのいずれかを利用している。「食べログ」はBrand、「ぐるなび」と「ホットペッパー」はChannelを使用。
※「飲食店」サービスは、ニールセン独自分類の「食品、料理」から、飲食店会社自体が提供しているサービスの利用者数TOP3として「マクドナルド」「すかいらーく」「ケンタッキーフライドチキン」を抜粋。スマートフォン利用者全体の34%が、3サイトのいずれかを利用している。

 次に、「グルメ」サービスTOP3の重複利用状況をアプリとブラウザ別に比較すると、アプリでは複数サービスを利用している人が12%であるのに対し、ブラウザでは49%と、複数のサイトを利用している人が多いことがわかった。

※重複を除いた利用者数は、アプリでは406万人、ブラウザでは1,839万人。

 また、アプリ利用者がその他2社のサービスをブラウザで利用しているかを調べたところ、「食べログ」と「ホットペッパー」アプリ利用者の約60%、「ぐるなび」アプリ利用者の約50%がその他2社のサービスをブラウザから利用していた。

※ グラフの読み方:(例)「食べログ」アプリ利用者の59%が「ぐるなび」もしくは「ホットペッパー」のサイトをブラウザから利用している。

【関連記事】
実名グルメサービス「Retty」、10億円の資金調達を実施
約1年で340%増!グルメサービス「Retty」、ユーザー数600万人突破
『ホットペッパー グルメ』、福岡・東京・神奈川でBeaconを活用したO2O実証実験スタート
カカクコム、みんなで作るグルメキュレーションサービス「食べログまとめ」スタート
実名グルメサービス「Retty」、ネイティブアド商品リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5