SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

インリード広告で高完全視聴率を実現!マイクロソフト「Surface」の最先端動画広告キャンペーン

 動画広告の種類が続々と登場する中、多くの広告主が懸念しているのが「媒体とのマッチング」だ。ブランド毀損を防ぐため、出稿される媒体を把握したいというニーズはますます高くなっている。マイクロソフトの多機能タブレット端末「Surface(サーフェス)」ではこの春、グローバルで実績を重ねるTeads社のインリード広告を活用。「掲載面がプレミアムであることが出稿の決め手だった」と、日本マイクロソフトの松田恵利子氏は語る。

PCを持ち歩く全ての人がターゲット、話題の「Surface」の魅力

MarkeZine編集部(以下、MZ):昨年から今年にかけて、動画広告市場が盛り上がり、新しいプレーヤーも次々と登場しています。今回はマイクロソフトの「Surface」の広告キャンペーンに、日本市場での展開を強化しているTeads社のインリード広告を採用されたということで、ご担当者の青木さんと松田さん、Teads社の田中さんに、活用の概要や効果をうかがいます。まずは、Surfaceの特徴を教えていただけますか?

日本マイクロソフト株式会社 セントラルマーケティング本部
マーケティングコミュニケーショングループ シニアマーケティングスペシャリスト 青木祐ニ氏

青木:Surfaceは、当社が初めて開発したタブレット端末です。日本では2013年3月に発売したので、2年半ほどになりますね。タブレットの携帯性と、ノートPCとしても使える高機能性を兼ね備えた“2 in 1”のデバイスで、着脱式のキーボードや手書き可能なペンなどを用いて多様な使い方ができるのが特徴です。

MZ:カラフルな製品展開も、目を引きますね。カフェなどで手軽に使っている人も見かけます。ターゲットはどのような層ですか?

青木:メインはビジネスパーソンですが、最近は大学生をはじめとした若年層、また女性ユーザーも増えています。Surfaceはモバイル性と汎用性が高く、仕事にも遊びにも用途が広く使えるデバイスです。だからこそ、我々はタブレットやPCなどのモバイルデバイスを持ち歩く人すべてがターゲットだと考えています。この2年半で認知も広がり、ユーザーの裾野はかなり広がっている状況ですね。

動画広告をプレミアム面に絞って出稿したい

MZ:Surfaceではこれまで、動画広告には積極的だったのでしょうか?

松田:そうですね、積極的な方だと思います。私は製品横断的にデジタル施策に関わっていますが、Surfaceでは以前から動画広告を使っていました。ただ、プレミアム面に絞った出稿の選択肢が少なく、媒体とのマッチングを重視して出稿できないかと思っていました。そんな折、Teadsさんからご提案をいただいて、プレミアム面のみに出稿できるということで、試してみることにしたんです。

日本マイクロソフト株式会社 セントラルマーケティング本部
デジタル&イベントマーケティンググループ デジタルマーケティングマネージャー 松田恵利子氏

MZ:各国のマイクロソフトから成功事例や商材の紹介などもあるのですか。

松田:ありますね。当社の広告展開においても、デジタルの比率は高まっており、最近では特に動画広告の活用が進んでいます。メディア環境の違いやプレーヤーの進出状況から、日本ですぐに真似できるものばかりではないのですが、Teads社はすでに日本でローンチしていたことと、海外での実績が分かっていたのでスムーズでした。

青木:Surfaceに限らず、当社では新しい施策をわりと積極的に取り入れていますね。その施策が浸透すると、ユーザーも慣れてしまうので、いち早く試すことで知見も先行者メリットも得られると考えています。

次のページ
記事コンテンツの中でいかにキレイに広告を見せるか/動画広告の最適な形を追求

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/08/20 12:00 https://markezine.jp/article/detail/22777

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング