SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DY、ブランドの「選択候補」「推奨意向」等と販売との関係性を週次で把握できるサービス提供へ

 博報堂DYホールディングスは、「広告認知」「選択候補」「推奨意向」などのブランド指標を週次トラッキングする「ブランドパワー・トラッキング調査」のデータを搭載した「Vision-Graphics for Brand Monitoring」を開発。傘下の各広告事業会社を通じてサービス提供を開始する。

 これによりブランド指標データと広告出稿データ・販売データを組み合わせ、生活者の態度変容の要因や販売への影響や関係性を、週単位のデータで探るとともに、分析・可視化までを一括で実施することが可能となる。

 従来より、短いサイクルでの生活者の態度変容に関する分析ニーズは高まっていたが、実施コストや分析・可視化などの面で課題があり実現ができたいなかった。このニーズを背景に、同社は2013年より週次の「ブランドパワー・トラッキング調査」を行ってきた。今回の取り組みは同データをマーケティング・ダッシュボード「Vision-Graphics」に搭載したもの。

【関連記事】
グルーバーとGMOリサーチ、ネイティブアドのブランドリフト効果測定サービスを提供開始
CA Technologies、ブランド・ロイヤルティに関する調査結果を発表
popInとマクロミル、ネイティブアドのブランドリフト効果測定サービス開発~花王の導入事例も
博報堂DY、アクチュアルデータ起点にしたオウンドメディアのコンテンツ開発ソリューション提供
博報堂アイ・スタジオ、 「統合デジタルマーケティングセンター」を新設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/11/10 08:00 https://markezine.jp/article/detail/23411

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング