SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

次世代マーケティング教室

AI技術で今後のマーケター・広告クリエイティブはどう変わる?

 今、Twitterを中⼼に「Midjourney」「Stable Diffusion」「DALL・E2」といった画像⽣成AIが話題を集めている。これら画像生成AIは英⽂でテキストを⼊⼒するとそれに沿った画像を⽣成してくれるというAIで、多くの人が様々なイラストを⽣成・投稿し、そのクオリティの高さから注目されている。今後、こうしたAI技術が発展すると、広告クリエイティブの作り方も変わっていくのだろうか? マーケター向けクリエイティブデザイン提供サービス「AIR Design」を提供するガラパゴス代表取締役の中平健太氏と、同社取締役COOの島田剛介氏に「広告クリエイティブ領域におけるAI技術の最新動向」と「今後の広告クリエイティブやマーケターの働き⽅とAI活⽤」について尋ねた。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

プレミアムサービス詳細はこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
次世代マーケティング教室連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

落合 真彩(オチアイ マアヤ)

教育系企業を経て、2016年よりフリーランスのライターに。Webメディアから紙書籍まで媒体問わず、マーケティング、広報、テクノロジー、経営者インタビューなど、ビジネス領域を中心に幅広く執筆。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/07 09:30 https://markezine.jp/article/detail/40362

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング