SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

【特集】話題化で終わらない、Instagram活用

質の高いファン育成を第一に、ブレないブランディングを実践 GLASSAGEのInstagram戦略

 “30代前後の都会的な女性”をターゲットに洗練されたファッショナブルなアイウェアを展開する「GLASSAGE」は、ブランドの世界観を大切にした丁寧なInstagram運用で、熱量の高いファンを獲得している。中でも効果的なのが、インフルエンサーとコラボレーションした商品企画。InstagramLiveを起点にしたプロモーション設計により、売上に大きく貢献するだけでなく、リピーターやファンの育成にもつなげているという。Instagramを活用したGLASSAGEのブランディングとファンの育成について詳しく聞いてきた。

※本記事は、2023年3月25日刊行の『MarkeZine』(雑誌)87号に掲載したものです。

女性向けにアイウェアを展開する「GLASSAGE」

 “女性のためのメガネブランド”として2019年にローンチした「GLASSAGE(グラッサージュ)」。そのブランドコンセプトを「コスメを選ぶようにメガネを選び、メイクをするようにメガネを纏う」と説明するのは、ブランドを運営するオンザヒルの斑目拓也氏だ。このコンセプトは、サザビーリーグコンテンツ事業部と共に作り上げたもの。

 手ごろな価格のメガネが増えた昨今、ファッションや気分に合わせてメガネを使い分ける若年層ユーザーも増えた。一方、GLASSAGEのメガネの価格は1万円台半ばから3万円ほど。ターゲットは、“スリープライス製品の卒業生”“30代以上の都会的な女性”だ。メガネは基本的にユニセックス商品だが、GLASSAGEでは主に女性のみをターゲットとし、他ブランドにはない価値訴求を展開している。

 たとえば、パーソナル接客。GLASSAGEは東京、千葉、神奈川に4店舗を構えており、店舗では来店者の肌の色味や骨格に合わせて、それぞれに似合うメガネを提案している。これはGLASSAGEオリジナルのメソッドで、パーソナルな接客と上質なメガネをセットにし、ラグジュアリーな体験を提供しているのだ。

 そんなGLASSAGEのマーケティング戦略について、斑目氏は次のように語る。

 「店舗も少なく本部機能も小さいので、マスマーケティングでは規模も予算も大手のメガネブランドに太刀打ちできません。事業モデルもどちらかというとD2Cに近いので、マーケティング戦略もデジタル中心のアプローチを取っています」(斑目氏)

株式会社オンザヒル 事業部 販売促進チーム 斑目 拓也(まだらめ・たくや)氏
株式会社オンザヒル 事業部 販売促進チーム 斑目 拓也氏

 そして、このデジタルマーケティングの中核にInstagramが位置しているという。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!初月1円キャンペーン中!

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
Instagramではブランドの世界観を第一に、質の高いファンを獲得

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
【特集】話題化で終わらない、Instagram活用連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岩崎 史絵(イワサキ シエ)

リックテレコム、アットマーク・アイティ(現ITmedia)の編集記者を経てフリーに。最近はマーケティング分野の取材・執筆のほか、一般企業のオウンドメディア企画・編集やPR/広報支援なども行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/04/07 15:00 https://markezine.jp/article/detail/41699

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング