SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

証券会社サイトの利用時間が低迷するなか、SBI証券がダントツ1位

 低迷する株式市場を反映して、証券会社サイトの総利用時間は今年に入って低水準で推移しており、6月の総利用時間である約6.2億分は、過去最高となった2006年1月の約10.6億分の約40%減となった。オンライントレードサイトの利用時間は株価指数との相関が高く、株価の上昇局面では増加、下降局面では減少する傾向がみられるという。

 6月の利用時間を個別に見ると、SBI証券(旧SBI イー・トレード証券)が約2.1億分で2位以下を大きく引き離してトップとなり、利用者数でも唯一100万人を超えている。2位は大和証券、3位はFX人気を反映してFX専門の外為どっとコムが続いている。また、老舗のひまわり証券も10位にランクインしている。

主要な証券会社、外国為替証拠金取引専門会社サイトの総利用時間ランキング
(2008年6月、家庭のPCによるアクセス)

 ネットレイティングス代表取締役社長兼ニールセン・オンラインチーフアナリストの萩原雅之氏は「オンライントレードサイトの利用と株価の連動は、投資家マインドを考えると当然の結果。その一方で金融商品取引とインターネットの親和性の高さは、FX専門サイトの数や訪問者数の増加としてあらわれている」と分析している。

【関連記事】
サイバーエージェントFX、口座開設数が3万口座を突破
iPhoneのワイドディスプレイで株式チャートもくっきり、カブドットコム証券の株取引アプリ
松井証券、ニンテンドーDS、PSP、iPod touchでもモバイルトレードを可能に
ジョインベスト証券、株式トレーディングツール「モバイル・エクスプレス」を12月に提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/30 09:30 https://markezine.jp/article/detail/4787

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング