SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、「Yahoo!エンディング」提供開始~死後にメッセージ送付や課金停止、データ削除を実現

 ヤフーは、鎌倉新書の協力のもと、人生の最期(ライフエンディング)に関連する総合ポータルサービス「Yahoo!エンディング」を開始した。同サイトは「生前準備」「葬儀手配」「相続・遺言」など5つのカテゴリーがある。「生前準備」では、自分が死亡した際に最大200名に向けて送付されるメッセージを作成しておける機能や、訪問者による追悼メッセージを残せるメモリアルスペースを装備するなど、生きた証を死後も残せるようになっている。また、生前に利用していた「Yahoo!ウォレット」の課金を停止したり、「Yahoo!ボックス」のデータ削除も可能。

 インターネット社会の発展により、リアルだけでなくインターネット上でも自分らしい最期を迎えたいという人々が、ゆるやかに増加している。また、SNSなどでは、利用者の死を知らないままメッセージを送信し続けたり、自身の死後のアカウント管理について取り決めがなされていなかったりと、ライフエンディングにおけるさまざまな課題が生じている。このような背景を受け、今回のサービス提供に至った。

 なお「生前準備」の内容は、公的証明書(火葬許可証)をもとにした利用登録者の死亡確認後に実行され。そのため、なりすましによる遺言メールの誤送付などの心配をせずに利用できる。

【関連記事】
ヤフー、クレジットカード事業へ参入~決済金融領域を新事業の柱へ
ヤフー、ミッドタウンから赤プリ跡地へ本社移転を発表
ヤフー、ショート動画共有アプリ「Yahoo! Chocotle」リリース
GMOコマース、ヤフーよりモバイルCRM「katy」譲受~O2O支援事業を拡大
ヤフー、米国現地法人「YJ America」設立、米国スタートアップを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/14 16:20 https://markezine.jp/article/detail/20492

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング