SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

のれん、オージス総研とマーケティング・オートメーション分野で協業

 アシストグループののれんと大阪ガスグループのオージス総研は協業を決定。のれんは、オージス総研が取り扱うマルケト開発のマーケティング・オートメーションツール「Marketo(マルケト)」の提供を開始した。オージス総研は「Marketo」の自社への導入実績を基に、販売・技術サポート面においてのれんを支援していくことに加え、両社共同でマーケティング活動を推進していく。

Webサイトの効果的な改善、リアルタイムでの営業フォローを実現

 マルケトが開発・販売を行うクラウド型サービスのマーケティング・オートメーションツール「Marketo」は、煩雑なマーティング・プロセスを自動化し、マーケターと営業担当者のパフォーマンスを最大限に高められる。オージス総研は「Marketo」の早くからの国内ユーザーであり、のれんの主力製品CMS「NOREN」のユーザーでもある。オージス総研は、自社における製品活用実績を基に、2014年3月より「Marketo」の販売を行っている。のれんは「NOREN」の価値を大きく向上させるマーケティング・オートメーションに以前から注目しており、今回オージス総研からの提案を受けて「Marketo」の提供を決定した。

 「Marketo」で、顧客企業の営業およびマーケティング活動を強力に支援できることに加え、「NOREN」と「Marketo」を組み合わせることで、顧客の属性や行動に基づいた最適なWebコンテンツの表示や誘導を最適なタイミングで実施し、Webサイトの効果的な改善、リアルタイムでの営業フォローを行うことができる。

【関連記事】
マルケト、Googleサービスとの連携開始~パーソナライズしたデジタル広告の提供が可能に
電通イーマーケティングワン、GAとMarketoの連携を簡易にするソリューション開発
Marketo、5つの新機能を発表 リードのステージ情報を掛け合わせてアドワーズ最適化が可能に
イノーバ、「Cloud CMO」をマーケティングオートメーションツールとしてリニューアル
ユミルリンク、マーケティングオートメーションツールと連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/10/07 13:00 https://markezine.jp/article/detail/23207

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング