SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

デジタル人材が育つのを待つだけで良いのか?「CDOのシェアリングサービス」という新しい選択

伴走してDXを進めていく

――では、「CDOシェアリングサービス」について、どのようなサービスかを改めて教えていただけますか?

江端:一言で言うと、我々が中心となり、「ビジネス+マーケティング+デジタル・IT」のスキルを提供していくというサービスです。コンサルティング事業に近いですが、より伴走型をイメージしています。

 流れとしては、まずスクリーニングの期間を作っています。この期間に、その会社はDXのために何をしなければならないのか? そもそもデジタル変革はできるのか? ということを審査するのです。そのあとに、どうDXを進めていくかを経営陣と握る。それができたら、CDOや、足りないデータの部分などを提供していきます。

提供するスキルのイメージ
提供するスキルのイメージ

――「何をしていいかわからない」という段階で頼んでも良いのですね。

江端:はい。むしろ「こういうDXをしたい」と固まっている企業はこのサービス向きではないかもしれません。「何をやっていいかわからない、一緒に考えてほしい」という企業にこそ向いているサービスです。老舗企業にこういった悩みを抱えているところは多いのではないでしょうか。

中村:私がよく聞くのは「顧客データを持っているけど、それをどう活かせば良いのかがわからない」という声ですね。どういうデータをとって、どう組み合わせればマネタイズできるのか。そういったところもアドバイスしていけると考えています。

トップシェア企業を作る

――では最後に、同サービスによって成し遂げたいことをお聞かせください。

足立:こうしたサービスに依頼してくださる企業は、そもそも危機意識を強く持っているんですよね。このまま何もしないと、大変なことになるということをきちんとわかっている。そうした意識の高い企業に対して、このサービスを通して足りない部分を補ってあげたいと考えています。

 また今後成長していくためには、やはり市場のシェアを奪っていかないといけません。DXを支援していくことで、トップシェア企業を作り出すことも目標です

中村:米国と比べると、日本はこの分野がかなり遅れています。老舗企業はビジネスとしてのアセットは埋蔵されていますが、活かしきれていないという課題を感じています。でも、私は日本企業にはまだまだ可能性があると感じています。この活動を通して「日本企業、ここにあり!」というのを、世界に見せていきたいですね。

稲積:デジタルだけ、あるいはコンサルティングだけでは変革を起こすことはできません。今回の取り組みを通して、ビジネスをきちんとわかり、かつデジタルもできるという人材を増やしていくことができれば、非常に意義のある取り組みになるのではないかと思います。

江端:日本企業はすごく良いものをたくさん持っています。にも関わらず、現状ではグローバルに後れをとっている。それはDXできていないからです。世界に出ていける企業が日本にはまだまだたくさんあるので、このサービスを通して、そこを支援していきます。足立さんも言っていたとおり、自分たちの力で、その分野でNo.1になれる企業を作っていきたいですね。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

福島 芽生(編集部)(フクシマ メイ)

1993年生まれ。早稲田大学文学部を卒業後、書籍編集を経て翔泳社・MarkeZine編集部へ。Web記事に加え、定期購読誌『MarkeZine』の企画・制作、イベント『MarkeZine Day』の企画も担当。最近はSDGsに関する取り組みに注目しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/12/20 09:00 https://markezine.jp/article/detail/32391

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング