SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CyberZ、クー・マーケティング・カンパニーの音部氏を顧問に、マーケター育成プロジェクトを開始

 CyberZは、クー・マーケティング・カンパニーの代表取締役を務める音部大輔氏を顧問に迎え、マーケター育成プロジェクト「PDP(Professional Development Program:プロフェッショナル育成プログラム)」を開始した。参加対象は、同社の広告代理事業部に所属し、顧客のマーケティング支援に従事するリーダークラス以上の正社員を予定している。

 同プロジェクトの目的は、「マーケティングの考え方」や「経営課題へのアプローチ」への理解を深め、応用・適用することで、広告だけにとどまらない包括的な相談を請け負う組織に成長していくこと。音部氏による参加型のワークを含めた講義などが行われる。

 音部氏は、日米P&Gで17年間ブランドマネジメントなどに従事した後、ダノンジャパン、ユニリーバ・ジャパン、日産自動車、資生堂などでマーケティング組織を構築・指揮してきた経験を有する。同プロジェクトへの参加にあたり、「多様化するツールや接点を効果的にオーケストレイト(統合)し、活用するためには、ツールについての知識に加えてマーケティングやブランディングの本質的な理解が不可欠です。辣腕のマーケティングプロフェッショナル育成と、持続的な成長を実現する組織構築を目指す本プロジェクトに参加できることを、とても楽しみにしています」とコメントしている。

【関連記事】
OOH×スマホ広告で認知拡大 CyberZ、「エリアジャック×TwitterIVS」を販売開始
CyberZ、秋葉原の飲食店等350店舗を活用した広告配信メニュー「AKIBAジャック」を販売
CyberZ、eスポーツに特化した広告マーケティング事業会社「CyberE」を設立
CyberZ、「VTuber戦略室」を設立 広告商品の開発・プロモーション戦略に特化
CyberZ、台湾のクリエイティブエージェンシーと業務提携/台湾・中華圏における運用体制を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/01/08 11:30 https://markezine.jp/article/detail/32718

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング