SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ソーシャルリスニングから見るSDGs最前線

SDGsアクションのヒントはSNSにあり!今、注目されるSDGsトピックスとは?

 社会的責任として、SDGs推進に力を入れる企業が増えている昨今。生活者にも「SDGs」浸透の兆しが見えてきました。世の中全体のサステナビリティ意識は向上していそうですが、実際、生活者はどのような本音を抱いているのでしょうか? 連載第1回となる今回は、TBWA HAKUHODO 65dB Tokyoの足立氏が、ソーシャルリスニングを用いて、SNSから見えた生活者のSDGs意識変化を読み解きます。

SDGsに対して今、生活者は何を感じているのか?

 「SDGs」と言う言葉の認知度は年々増加している。博報堂「生活者のサステナブル購買行動調査2022」によると、「SDGs」の名前を知っていると答えた知名率は80%(内容も知っていると回答した人は50%)を超えた。また同調査によると、64%の人が「いますぐに社会問題や環境問題に取り組まなければ手遅れになる」と回答。85%の人がエコバックを持参するなど、SDGsを自分ゴト化し実生活を見直す生活者が増えている。

 この実績を見ると、状況は良い方向に向かっていると言えそうだが、実際、生活者はSDGsに対してどう感じているのだろうか?

 そこで、TBWA HAKUHODOの組織である65dB TOKYOでは、ソーシャルボイスを分析し、SDGsに潜む、隠れた本音を探っていく。たとえば、「レジ袋有料化」では以下のような声があった。

 有料対象外のバイオマスプラスチック製のレジ袋に切り替えて無料配布を続けている企業がステキ

 プラスチックの海を見てきた。日本もレジ袋有料化して良かったのではないか?

 上記のように、レジ袋有料化の取り組みを称賛する人・環境意識を向上させる人も多くいる。一方でネガティブな声も多く散見した。

 マイバック・エコバックの不衛生さが話題になっているけれどわかる。

 レジ袋有料化よりも、テイクアウトブームを変えた方がいいのでは?

 エコバック使っていたけれど、ドレッシングがあふれて机に染みができてからビニール袋に回帰した

 今後SDGs行動をさらに加速させていくには、こうした批判的な声も含めどのように向き合っていくべきだろうか。そのヒントを探るために、SNS上の話題をさらに詳しく見ていくことにする。

SDGsアクションを加速させるヒントは、ソーシャルボイスにある

 実際SDGs関連の話題量をポジティブ/ネガティブで区別したところ、青のネガティブの割合が年々増加していることがわかる。ネガティブな言及と共につぶやかれるのは「うさんくさい・無駄・嫌い」という言葉だ。

クリック/タップで拡大
左図から、ネガティブな声は2020年11月頃より増加していることがわかる。右図は実際、SDGs関連でつぶやかれている声をテキストマイニングしたもの。「うさんくさい・無駄・嫌い」などがネガティブワードとして目立っている。
(クリック/タップで拡大)

 レジ袋有料化など、「SDGs」が暮らしと密接なトピックになってきたからこそ、【生活上の不便さ】や【SDGsの強制感】に不満が蓄積、SDGsアクションへの批判につながっていそうだ。「SDGsは不便を我慢すべきだ/節制しなければいけない」というトレードオフを前提とした“Have to思考”が強い点が大きく影響していると考えられる。

 SDGsアクションを加速させるためには“Have to思考”から、「参加したいと思える/楽しい・快適と感じられる」 “Want to思考”にアップデートすること。これが、生活者を巻き込む上で重要なのではないだろうか。

 そこで我々は、「SDGsアクションを加速させるヒントは、ソーシャルボイスにある」をテーマに、複数回にわたる連載記事を通してSDGsアクション加速のヒントを発掘していく。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
2022年最も話題にされたSDGsトピックスは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ソーシャルリスニングから見るSDGs最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

足立 紗希(アダチ サキ)

TBWA HAKUHODO 65dB ブランドストラテジスト/ソーシャルデザイン&リサーチャー WEB広告代理店にて、WEB広告運用・メディアプランニング・ブランドキャンペーン企画/実行など、デジタルマーケティングの複合ファネルにおけるプランニングを経験。 2021年TBWA HAKUHODO 65...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/08/28 07:30 https://markezine.jp/article/detail/42975

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング