SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GoogleとWPPがオンライン広告の研究を助成、心理学・脳科学も援用

 GoogleとWPPが、2008年の秋に発表した助成プログラムに応募したのは120のプロジェクト。選ばれた11のプロジェクトは、オンラインメディアが消費行動と意志決定に与える影響をさまざまな観点から研究するもので、3年間で最高460万ドルの資金提供を受けることができる。

 選ばれたプロジェクトは、ハーバード・ビジネス・スクール、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学など、大学の研究機関の研究者によるもので、そのテーマは検索技術から、ブランド構築、心理学、脳科学を援用したものまで多岐にわたっている。

 Wall Street Journalによると、これらの研究機関はGoogleとWPPのクライアントの最新データに直接アクセスすることが可能となり、その中にはフォードやユニリーバなども含まれるという。こうした研究の成果をもとに、両社は今後さらにオンライン広告への投資を加速させたい考えだ。

【関連記事】
WPPがOmnitureと提携、2500万ドルの長期投資を実施
WPP Groupが、インタラクティブ広告代理店Schematicを買収
博報堂が脳科学マーケティング実験、「ガンバ」ファンと「ハーレー」ファンの脳の違いとは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/19 11:49 https://markezine.jp/article/detail/6895

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング