SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「結婚できないかもしれない」未婚男女の9割、憧れる結婚ベスト3は「一途婚・玉の輿婚・お待たせ婚」

 ライフネット生命保険は、3月に「婚活」に関する意識調査を行い、20代~30代の未婚男女1000名から回答を得た。現在恋人がいない20代~30代の未婚の男女651名に対し、「どのくらいの期間、恋愛を休んでいるか」をたずねたところ、全体の25.7%が「10年以上恋愛を休んでいる」と回答し、約半数の人が3年以上恋愛のブランクがあることがわかった。

 「結婚できないかもしれない」と思う不安があるかについては、全体の92.0%が「不安がある」と応えており、不安の原因で1位になったのは「出会いがないから」で5割近く。以下、2位は「経済的な不安があるから」、3位は「恋愛を面倒くさく感じている自分がいるから」となっており、経済的要因も無視できないほど大きくなっていることがうかがえる。

 また、結婚したいと回答した人に、どのような結婚に憧れるのかを聞いたところ、1位「一途婚」、2位「玉の輿婚」、3位「お待たせ婚(長期間の交際後の結婚)」、4位「再開婚(久しぶりに再会して結婚)」、「一目惚れ婚」となっている。

 また、現在注目されている「草食系・肉食系」について、20代~30代の未婚男女1000名に自分がどちらにあてはまるのかを聞いたところ、全回答者の 74.9%の回答者が「草食系である」と回答。しかし、草食・肉食に関わらず男性に人気があるのは「草食女子」、女性に人気があるのは「肉食男子」となっており、自分とは違うタイプの異性に好感を持つ傾向にあるようだ。

【関連記事】
女性が結婚相手に求める年収、「500万円台」と「こだわらない」に二極化
エンジニアの結婚相手、「仕事に理解がある」が9割
未婚の男女にとって、正月帰省はプレッシャー
一人暮らしの女性、夕食「自炊派」は6割超える

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/31 13:25 https://markezine.jp/article/detail/6991

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング