SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

愛されWebサービスをつくろう

「売りたいニオイ」に敏感なユーザーに愛されるには? Webサービスのコンセプト構築、3つのポイント


 愛されWebサービスを企業が作るには? 「写真で一言ボケて(bokete)」のアプリなどを手がけるイセオサムさんが、「演出」をキーワードにそのノウハウを公開します。

 はじめまして! Webサービス、スマホアプリのプロデューサー / ディレクターをしているイセオサムと申します。最近は、「写真で一言ボケて(bokete)」のアプリや顔文字アプリ「カオコレ」を始めとするサービスのプロデュース、マーケティングをお仕事にしています。

 僕はもともと、テレビのディレクター(演出家)になろうと考えていました。しかし、誰でもコンテンツが作れる時代にインスパイアされ、Web業界に転身。それから8年、試行錯誤しながら企業のサービスづくりやマーケティング、自社メディアづくりをやってきました。この連載は、「演出」をキーワードに、愛されWebサービスのつくりかたというテーマでお届けします。

Webサービスって?

 一口にWebサービスといっても、つくられた目的はさまざまです。たとえば、個人が趣味でつくる映画のレビューサイト、企業が提供するレストラン探しの情報サイト、各ブランドが提供するアパレルの通販サイト、「ボケて」のような3秒で笑えるサービス、etc……。

 製作者側は色眼鏡をかけてしまいがちですが、ユーザーはどのサービスもすべて同じ視点で見ています。そして、数あるサービスの中から、自分が使いたいと感じたものを使うだけです。

企業がWebサービスを創る目的

 ある商品のマーケティングを考えるとき、まずはプロモーションサイトを作って人を呼んでこよう、というプランを立てることが多いと思います。しかし、サイトに情報を置いただけでは人は来ず、広告を出稿したり、SEO対策を頑張ったりしなければなりません。

WebサイトとWebサービスの違い

  • Webサイト……企業やプロダクトの情報が掲載されているもの
  • Webサービス…Webサイトやアプリの中で、より深い体験を提供しているもの。特にインタラクティブなもの

 しかし、ここ数年で、TwitterやFacebook、LINEなどのソーシャルメディアが普及したことにより、「面白いものは勝手に拡がる」現象が発生しました。だから企業は、広告費をかけずに(もしくは少なくし)、その分、面白いWebサービスを提供することで、マーケティングができるようになったのです。コンテンツマーケティングと言われる手法のセンターにあるのが、この考えかたです。

コンテンツマーケティングとは

 Content marketing is a marketing technique of creating and distributing relevant and valuable content to attract, acquire, and engage a clearly defined and understood target audience – with the objective of driving profitable customer action.

 コンテンツマーケティングとは、適切で価値あるコンテンツを作成し配布する技術である。ターゲットとなる見込み客のことを理解し、これを明確に定義することにより、見込み客を引き寄せ、獲得し、見込み客と関わり合い、見込み客に購買に結びつく行動を促すことを目的とする(Contnts marketing institute より)。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
WhyからはじめるWebサービスづくり

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
愛されWebサービスをつくろう連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

イセ オサム(イセ オサム)

1983年生まれ。スマホメディア・アプリのプロデューサー。株式会社ハロ取締役COO / 株式会社オモロキ取締役CSO。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本テレビ放送網に就職、ズームインスーパーの制作に関わる。その後、株式会社オプトにてモバイルのメディアプランニングを統括、新規事業プランコンテスト最優秀賞...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/02/13 12:15 https://markezine.jp/article/detail/19128

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング