MarkeZine(マーケジン)

記事種別

テレビCMがきっかけでDLしたライフスタイル系アプリ、トップ3はLINE/スマートニュース/メルカリ

2014/11/20 14:30

 ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask」を利用して、事前の調査で「直近の1年でアプリのテレビCMを見たことがある」と回答した10~50代の男女1,000名に対して『アプリCMに関するアンケート』を実施した。

約3割がストアランキングよりもテレビCMの方がアプリDLの動機になる

 「テレビCMは、アプリストアのランキングよりもダウンロードする動機になる」かという問いに、「あてはまる」と回答した人は8.1%、「ややあてはまる」と回答した人は20.3%で、合計28.4%となった。テレビCMは、ダウンロードの動機形成にある程度、影響を持つようだ。

テレビCMがきっかけでDLたライフスタイル系アプリ、トップは「LINE」

 また、ライフスタイル系アプリで、テレビCMをきっかけにダウンロードしたアプリとして回答が多かったのは、1位が「LINE」(9.8%)、2位が「SmartNews」(7.1%)、3位が「メルカリ」(6.5%)だった。一方でゲーム系アプリでは、1位が「パズル&ドラゴンズ」(8.7%)、2位が「クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ」(6.1%)、3位が「モンスターストライク」(5.9%)となった。

6割以上がアプリのテレビCMに触れる機会が増えてきたと感じている

 「最近、アプリのテレビCMに触れる機会がかなり増えたと感じる」かについて、「あてはまる」と回答した人は26.0%、「ややあてはまる」と回答した人は39.8%で、合計で65.8%に。

 また、アプリのテレビCMにおけるタレント起用について、「好きなタレントが起用されると、ブランドが印象に残る」かを聞いたところ、「あてはまる」人が14.4%、「ややあてはまる」人が36.5%で、合計50.9%という結果に。好きなタレントがアプリを訴求すれば、半数以上の人はそのブランドが印象に残るようだ。

テレビCMはアプリの特長が直感的にわかりやすい?

 アプリのテレビCMはその特長が直感的にわかりやすいと思うかについて、「あてはまる」と答えた人は9.3%、「ややあてはまる」と答えた人は31.1%で、合計で40.4%となったテレビCMは、アプリの特性を説明するのに、比較的わかりやすい媒体であるようだ。

【調査概要】
調査期間:2014年11月12~14日
調査対象:事前の調査で「直近1年でアプリのテレビCMを見たことがある」と回答した10~50代の男女1,000名

【関連記事】
フリマアプリ「メルカリ」、テレビCM効果で600万ダウンロード突破
フリマアプリ「メルカリ」、テレビCM効果で400万ダウンロード突破!月間流通額は10億円超
フリマアプリの利用率トップ3は「Frill」「メルカリ」「LINE MALL」【ジャストシステム調査】
グノシーが描くスマホ・ポータル構想/ニュースアプリの枠を超えて購買行動まで完結する場へ
元ハフィントンポスト日本版編集長松浦茂樹氏、スマートニュースのメディア担当ディレクターに就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5