SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

SaaS活用にもっと成功体験を!「WalkMe」と進めるDX(PR)

SaaS操作を体感的に素早く習得&脱マニュアルも実現 「WalkMe」と推進する現場目線のDX

必要な情報を「WalkMe」に集約、コミュニケーションの接点にも

――「WalkMe」のさらなる活用について、想定していることはありますか。

水谷:やりたいことはまだまだあります。 たとえばSalesforce上の「WalkMe」メニューに業務において必要なコンテンツへの誘導を載せ、ブックマークのような使い方をすることを検討しています。当社では既に他のプラットフォーム上でリンクをまとめているのですが、なかなか活用が進まず課題となっていた点です。

 皆に使ってほしい機能や見てほしいデータを普段使っているプラットフォームの中で見やすく表示するということは、UXの観点でとても重要です。必要な情報はすべて「WalkMe」上にある、という状態を作っていきたいと思います

道下:より活用の幅を広げて、新入社員や新たにマネージャーとなった社員が最初にやらなければいけないことをリスト化して載せておく、という使い方もできます。

水谷:その方法も取り入れてみたいですね。さらに起動した際にメッセージを表示することもできるので、「WalkMe」を会社とのコミュニケーションの起点にするというのも良さそうです。

 採用を増やすにつれて会社のミッション、ビジョン、バリューが浸透しづらくなるという悩みは、成長中の企業の多くが抱えていると思います。データや情報に限らず、会社からのメッセージも普段使っているプラットフォームの中で伝えていくと効果が高いのではないでしょうか。

「WalkMeがあれば大丈夫」複雑なツールも躊躇なく導入へ

――最後に、DX推進に関して今後の展望を教えてください。

水谷:これまで以上にダイナミックにDXを進めていこうとしているところで、SalesforceについてはUIの大幅な刷新を検討中です。かつては機能的に優れていてもUIが複雑なツールについて、選定の段階で躊躇してしまったり、検討・検証期間が長くなったりしてしまうことがありましたが、現在は「『WalkMe』があれば大丈夫だろう」とゴーサインを出せるようになっています

 また、11月に当社で実施するSaaS活用に関するイベント「HENNGE NOW!」で、「WalkMe」を紹介することにしています。当社のお客様からも「リソースがなく定着化を進められない」「システムのメンテナンスで精いっぱい」という声は多く聞こえてくるので、こうした便利なプラットフォームがあることを、もっと知ってもらいたいですね。

高村:「WalkMe」のデジタルアダプションという考え方に強く共感しています。社員がツールに振り回されず、業務に集中できるよう支援していきたいです。そのために、Salesforceのエンジニアチームと営業・マーケティング部門の双方と、ますます密にコミュニケーションをとっていきます。

――道下さんは「WalkMe」を通じて、企業のDXにどのような価値を提供していきたいですか。改めてお聞かせください。

道下:SaaSの定着化はもちろんですが、デジタル化を通じた組織・文化の変革にも貢献できればと考えています。「WalkMe」を介してSaaSに触れたときに「これいいね!」と感じてもらうことや、「もっと使いたい」と前のめりになってもらうこと。こうした前向きな体験を提供して、デジタル変革への人々の受容性を高めていくことが、私たちの目指すところです

 HENNGEさんはもちろん、デジタルアダプションを通じて、デジタル変革を積極的に進めていらっしゃる多くの企業様のお手伝いをさせていただきたいと思います。

【CRMにおける「WalkMe」の導入効果レポート】
データ修正に要する平均時間が45%削減! 詳しく知りたい方はこちらから

【「デジタルアダプション」のビジョン&実現プロセスを図解で学ぶ】
ガートナーの「Digital Adoption Solutions」レポートはこちらから

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/12/17 15:00 https://markezine.jp/article/detail/31992

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング