SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ファンズと電通、ファイナンスとファンコミュニティを組み合わせたマーケティングモデル開発へ

 ファンズは、2020年8月4日、電通との資本業務提携を発表した。両社は共同で、ファイナンスとファンコミュニティを組み合わせたマーケティングモデル「FinCommunity Marketing(フィンコミュニティマーケティング)」を開発・展開していく。

 「FinCommunity Marketing」とは、投資を通じたファンコミュニティ形成のきっかけを提供するマーケティング手法。電通が有するマーケティングノウハウと、ファンズが運営する貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」を活用する。

 この仕組みを活用することで、個人は運用期間中に分配を得られる他、クーポンや商品開発者との食事会、プロジェクト進捗共有ミーティングなど、様々な投資家限定イベントに参加できる。企業側は、それらの取り組みを通じて企業理念や商品へのこだわりなどを伝えたり、商品やサービスに対する意見や要望を受けとる機会を得ることが可能に。個人と企業が同じ目的を共有し、イベントや情報提供を通じて接触回数を重ねるごとに相互理解を深め、その結果としてファンを育成することが期待できる。

【関連記事】
CDGが「CRM CONNECT」を提供開始 LINEの活用で新規獲得から購入・ファン化まで実現
コロナ禍で注力した活動は「SNS活用・広告」が6割 ファンや既存顧客に向けた投資が顕著に/AMN調査
MBSイノベーションドライブ、ファンコミュニティアプリを運営するTHECOOへ資本参加
SKIYAKIとBitStarが資本業務提携 インフルエンサー領域におけるファンマーケティングで協業
GO、スタートアップ投資ファンド「GO FUND」を設立 出資からマーケティングまでを一気通貫で支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/06 14:45 https://markezine.jp/article/detail/34009

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング