SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

“モバイルヒーロー”と考えるアプリマーケターのキャリア(AD)

コンシューマーサービスは“生もの” 鮮度を落とさずグロースするポイ活アプリ「トリマ」の事業戦略に迫る

幸せな体験を提供するアプリが競合に

天野:コロナ禍という難しい時期にローンチしたサービスにも関わらず、トリマは一気にグロースしていて素晴らしいです。北谷さんが担当されているマネタイズと集客の観点から、成功要因はどこにあるとお考えですか。

北谷:元々私が広告収益によるマネタイズのノウハウを持っていたことと、業界に知り合いが多くいたことは大きいかもしれません。広告の接触頻度が少ないとインプレッションも上がらないので、ユーザーが納得のいくタイミングを意識しながら出面を設置しました。

 あとは相性の良いアドネットワークを探して回ったことですね。各社に直接コンタクトを取ったり、担当者をつないでもらったりしながら「配信数がこれだけ伸びる可能性があるからCPMを上げてほしい」という地道な交渉を続けました。

 集客については、市場との相性や競合の入札があまり多くないという運によるところも大きいです。ただ、獲得においてはセルフサーブの出稿先を探し、できるだけ自分たちで広告を運用するスタイルを貫いています。代理店を通して出稿するとどうしても当たり外れが出てしまいますし、クリエイティブのクオリティをコントロールするのが難しいので、基本的にはインハウスでやっています。

MZ:ポイ活アプリというジャンルならではの特徴をお聞かせください。

北谷:競合サービスの捉え方でしょうか。たとえばゲームアプリの場合、ユーザーがスマホに向かう時間を他社のタイトルと奪い合うことになりますよね。一方トリマはスマホを起動していなくてもポイントが貯まる仕組みなので、他のポイ活サービスを同時並行で利用いただけるんです。

 そのぶん、競合サービスはポイ活アプリや位置情報アプリに限らないとも言えます。たとえばトリマでは、ユーザーにインセンティブとしてコンビニのコーヒーを還元しているんです。「週に1度、無料でコーヒーが飲める」という幸せな体験を継続利用の動機にしていただきたいというねらいがあり、より大きな幸せを提供するアプリがあれば、そこが競合になります

 人は慣れによって新鮮さを感じなくなるので「コーヒー無料だけでは満足できない」となった時にさらなるインセンティブを還元できる仕組みや、別の価値を提供できるように意識しています。

ユーザーファースト主義と視座の高さがモバイルヒーローの共通項

MZ:この連載ではLiftoff Mobileが運営するコミュニティ「Mobile Heroes」から計8名のモバイルヒーローに登場いただき、4回に亘ってお話を伺ってきました。過去の取材と北谷さんのお話を振り返ってみて、9名の共通項はどこにあると思われますか。

連載に登場した8名のモバイルヒーロー
連載に登場した8名のモバイルヒーロー

内藤:お客様に寄り添う姿勢です。皆様のキャリアこそ十人十色でしたが、達成すべき指標やゴールを追いつつも、北谷さんのようにユーザーの方々への価値提供を考え続ける姿が共通していました。

天野:アプリマーケターというお立場でありながら、サービスを代表し事業全体を見渡す視座の高さは全員に共通していたと思います。ビジネスの状況を語る際も、自社比だけでなくマーケットの中でどう成長しているかを話してくださる方が多かったです。きっと社内も社外もマクロに見ていらっしゃるのだと思います。

次のページ
コンシューマーサービスは鮮度が命

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
“モバイルヒーロー”と考えるアプリマーケターのキャリア連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/21 10:00 https://markezine.jp/article/detail/38013

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング