SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

テレシーとの伴走で過去最高益を達成!SHE事例に学ぶ、テレビCMを成功に導く方法

 WebデザインやWebマーケティングなどが学べる女性限定のキャリアスクールコミュニティ『SHElikes(シーライクス)』を運営しているSHE。これまでデジタル広告を中心にプロモーションを行ってきたが、2022年1月に初のテレビCMを出稿した。その中で活用したのは運用型テレビCMソリューションのテレシーだった。本記事では、SHEの COO兼CMOの五島淳氏とテレシー社のCEOの土井健氏に、SHEのテレビ広告活用の背景、詳細、成果を聞いた。

オンラインで顧客を拡大してきた、SHEのこれまで

──まずはSHEがどのような企業か、そしてSHElikesがどのようなサービスなのかについて、教えていただけますか?

五島:SHEは「一人一人が自分にしかない価値を発揮し、 熱狂して生きる世の中を作る」をビジョンとした会社です。主要事業である『SHElikes』はミレニアル女性たちが自分らしい働き方を叶えられるよう、 WEBデザインやWEBマーケティングなどの27職種のクリエイティブスキルレッスンやコーチングプログラム、 仕事の機会を提供しています。

 また、SHElikesの会員同士がつながれるコミュニティの機能も有しており、「学ぶ、働く、コミュニティ」の一体提供が強みとなっています。5年間で6万名以上の方に登録いただいています。

SHE株式会社 取締役COO/CMO 五島 淳氏
SHE株式会社 取締役COO/CMO 五島 淳氏

──会員獲得に向けて、これまでどのようなプロモーションを行ってきたのでしょうか。

五島:リスティング広告をはじめとした運用型広告のプロモーションが中心でした。インハウスでの運用とエージェンシーの運用を組み合わせて、獲得数を拡大してきました。

 また女性の活躍を支援していることでPRも行っており、社会的に意義のある事業をしていることから一定のメディア露出につながっています。

最小単位で適切な投資を テレシーを選んだ理由

──2022年1月に初のテレビCMを出稿していますが、そこにはどのような背景があったのでしょうか。

五島:スタートアップがよく直面する課題ですが、CPAを守りながらプロモーションを行っていると、事業の成長速度が鈍化するタイミングが来ます。このタイミングで成長を加速させるためには、より強力に認知を獲得でき、かつ獲得効率性の高いメディアへの広告出稿が必要で、その最適解がテレビCMでした。

 2022年1月にしたのは、生活者の方々のチャレンジしたいマインドが年初にとても高くなると考えたためです。

──テレビCMを出稿する方法は様々ある中で、なぜテレシーを選んだのでしょうか?

五島:最小単位でトライできて、かつ一定の結果が見込めると感じたからです。テレビCMは大きな投資になるので、いきなり大手企業のように多額の費用をかけるのはリスクになります。しかし、テレシーは100万円から始められ、独自の分析ロジックをもとに効果を可視化できるので、実施しやすかったです。

 また、スピード感を持って対応いただけそうだったのも導入の決め手の一つでした。これまでデジタル広告で見つけた訴求の勝ちパターンが、テレビCMでそのまま活用できるとは限りません。そのため、効果を得るためには素早い改善が必要です。

 テレシー社は、IT企業でありながら自らもテレビCMを出稿してサービスを成長させてきた実績があり、一緒に伴走してくれる印象もあったことから今回導入を決めました。

次のページ
SHEの初テレビ出稿の詳細とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

タカハシ コウキ(タカハシ コウキ)

1997年生まれ。2020年に駒沢大学経済学部を卒業。在学中よりインターンなどで記事制作を経験。卒業後、フリーライターとして、インタビューやレポート記事を執筆している。またカメラマンとしても活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/28 18:20 https://markezine.jp/article/detail/40050

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング