SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日経BP、アドネットワークの立ち上げを発表

 「The Premium Contents Network」は、日経BPの運営サイトをハブサイトとして外部パートナーサイトと連携させたアドネットワーク。パートナーサイトのユーザー属性に合わせて、3つのネットワークを提供する。

 2009年1月16日から運営を開始するのは、「nikkei BPnetwork」と「nikkei TRENDYnetwork」。前者は「nikkei BPnet」をハブサイトとしてビジネスパーソンへ情報を提供し、後者は「nikkei TRENDYnet」をハブサイトとして、EC支援サイト、消費者評価情報サイトを組織する。また、2009年4月に運営を開始する「ECO JAPAN Network」は、環境ポータル「ECO JAPAN」をハブサイトとして、環境関連サイトをネットワークし、BtoBとBtoCの2種類のカテゴリーを設ける予定となっている。

 また、このアドネットワークでは、日経BPが提唱する「Page Value」という考え方を導入。一般的な評価指標である「ページビュー」に、「コンテンツの質」とそれを見る「オーディエンスの属性」という2つの指標を加えることで、ページビューだけでは測れない媒体価値を「Page Value」として評価するとしている。

 「The Premium Contents Network」の主な参加予定パートナーサイトは、以下のとおり。

「@nifty ビジネス」 ニフティ株式会社
「Amazon.co.jp」 アマゾン ジャパン株式会社
「coneco.net」「conecoクラブ」 株式会社ベンチャーリパブリック
「ECナビ」 株式会社ECナビ
「GLOBIS.JP」 株式会社グロービス
「kizasi.jp」 株式会社きざしカンパニー
「Lifehacker」 株式会社メディアジーン
「OKWave」 株式会社オウケイウェイヴ
「TechCrunch Japan」 トランスコスモス株式会社
「WIRED VISION」 株式会社ワイアードビジョン
「海bizocean」 株式会社ミロク情報サービス
「関心空間」 株式会社関心空間
「はてなブックマーク」 株式会社はてな
「みんなの経済新聞NETWORK」 株式会社花形商品研究所

【関連記事】
最新コンテンツをバナー広告に表示する「FeeMoバナー」、日経BPのアドネットワークで採用
AMN、「ソーシャルメディア・アドネットワーク」の運用開始
楽天、クリック課金型広告「楽天ぴたっとアド」でアドネットワーク本格稼動
ソネット、MIを子会社化してアドネットワーク事業を展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング