SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

著者情報

福島 芽生(編集部)(フクシマ メイ)

1993年生まれ。早稲田大学文学部を卒業後、書籍編集を経て翔泳社・MarkeZine編集部へ。Web記事に加え、定期購読誌『MarkeZine』の企画・制作、イベント『MarkeZine Day』の企画も担当。最近はSDGsに関する取り組みに注目しています。


執筆記事

  • 強者だけが生き残る「淘汰期」へ 米国におけるD2C最新トレンド

     小売の流通経路を利用せず、商品を消費者に直接ECで販売するD2C。過去10年でD2Cが急成長した米国では既に伸びが鈍化し、ユニークな特徴を備え...

    8
  • D2Cは、EC事業と何が異なるのか?

     D2Cは中間流通業者を通さず、自社ECサイトを通じて顧客に製品を直接販売するビジネスモデルだ。この「ECを通じた直接販売」という点に着目すると...

    5
  • D2Cの本質はブランドのすべてで顧客と積極的に向き合うこと

     自社ブランドSENN、iwaigami(スマイルズ、KIGIらと共同運営)を運営しながらD2Cブランド開発や運用支援を行うTO NINE。支援...

    6
  • AIバイアスをマーケティングに活かす

     人工知能(AI)や機械学習(ML)システムのアルゴリズムに生じるバイアスは、ここ2、3年の間に注目されるようになってきました。バイアスがもたら...

    0
  • 2021年のマーケティング戦略(BtoB企業編)

     定期誌『MarkeZine』第61号(2021年1月号)では、32社のマーケターから2020年の振り返りと2021年の戦略についてコメントを集...

    0
  • 「とりあえずデジタル化」に終止符を DXを成功させるフレームワーク「DX2.0の4P」を理解する

     DXへの注目が高まるなか、その波にどう乗るべきか模索している企業も少なくないだろう。これまでに各種企業のDXを見てきた江端浩人氏は、現状を踏ま...

    2
  • Special Contents

    PR

  • 大宮千絵さんの2冊

     マーケティング業界で活躍するキーパーソンたちの知識量、またそこから生み出される斬新なアイデアにはいつも驚かされます。彼ら・彼女たちは、日々どの...

    0

183件中71~77件を表示