SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

10・20代の約8割が複数デバイスをながら利用【マルチスクリーン利用動向調査】

 ニールセンは、11月1日に販売を開始した「Nielsen Digital Consumer Database 2013」のデータをもとに生活者のマルチスクリーン利用実態、特に複数デバイスの同時利用(ながら利用)状況を分析し、結果を発表した。

 それによると、複数デバイスを保有するユーザーの61%がデバイスの同時利用を経験していた。男女間に差は見られないものの、年代別では若年層の同時利用率が顕著に高く10代、20代では約80%のユーザーが同時利用をしていた。その際に利用されるスクリーンは、「テレビ」と「パソコン」の組み合わせが最も多く74%、次いで、「テレビ」と「スマートフォン」(46%)に。

 現在、急速に普及が進んでいるスマートフォンの保有に着目してみると、スマートフォンがテレビ視聴中に同時利用されている割合は49%となり、パソコンの45%を上回った。

 年代別ではスマートフォンを保有する10代の62%が、20代で54%がテレビに次ぐスクリーンとして利用していますが、30代を境として40代以上ではパソコンの割合がスマートフォンを逆転する状況になっていた。

 また、テレビ視聴中にスマートフォンをセカンドスクリーンとして最も利用するユーザーが、スマートフォン上で何を行っているのかを調べたところ、1位はゲーム(42%)、2位、通話やチャット・メール(37%)となり、3位のSNSの利用は2位から9ポイント低い28%となっった。

【調査概要】
データ元:「Nielsen Digital Consumer Database 2013」
調査時期:2013年9月20~23日
調査人数:3,102人
調査対象:パソコン、従来型携帯電話、スマートフォン、タブレットのいずれかのデバイスを通して月1回以上インターネットを利用している日本全国の15歳(高校生)以上の男女

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/11/13 11:45 https://markezine.jp/article/detail/18826

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング