SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェントとエイベックス・デジタルの新音楽サービス「AWA」サイト公開

 サイバーエージェントとエイベックス・デジタルは昨年12月、サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービスの開発・運営を行新会社「AWA株式会社」を設立したが、そのウェブサイト(http://awa.fm/)がついに公開された。「COMING THIS SPRING」のメッセージとともに、アプリ画面も紹介されている。

 音楽の定額制ストリーミングサービスは、日本上陸がささやかれていたSpotifyが、先日ソニーのゲーム機プレイステーションとの連携を発表。また、LINEも「LINE MUSIC」サービスを予告しているが、詳細は明らかにされていない。

定額ストリーミングサービスとサービス会社・レコード会社提携の動き

定額ストリーミングサービスとサービス会社・レコード会社提携の動き

 今年はこうしたサービスが次々と本格展開を始める年になりそうだが、CDからダウンロード、そして定額制ストリーミングサービスが従来の音楽ビジネスのデジタル化のプロセスだとすると、現在は別の動きも生まれている。

 たとえば、SoundCloudでは音楽の作り手たちが日々作品を公開し、互いの作品をリミックス。フォローするファンのタイムラインにはすぐさまその作品がポストされ、共有される。YouTubeも音楽を聴くために動画を見るというニーズにフォーカスし、広告なしに動画を楽しむことができる月額有料サービスとともに新アプリ「YouTube Music Key」のベータ版をリリース。また、P2Pのファイル共有サービスBitTorrentのBitTorrent Bundleを使ってアルバムをリリースする大物アーティストも出てきている。日本の「Maltine Records」などネットレーベルの動きも活発だ。商品としての音楽の流通の変化だけでなく、クリエイティビティも含めてそれをどう伝え享受するか。音楽の世界ではさまざまな試みが現在進行形で続いている。

【関連記事】
ソニーとSpotifyがプレイステーションで新たな音楽サービス、「ミュージックアンリミテッド」は終了
サイバーエージェント、エイベックスと共同で定額制音楽ストリーミングサービス運営会社設立へ
エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージック、LINEが音楽配信の新会社LINE MUSICを設立
LINE、マイクロソフトからラジオ型音楽配信サービス「MixRadio」事業買収
アップルがBeats2社を30億ドルで買収、ヘッドフォンと定額制音楽サービスを手中に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング