SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

顧客体験をビジネスの中心に~Adobe Summit 2018開催

 米国時間の3月27日、ラスベガスでデジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Summit 2018」が開幕した。

アドビ 社長 兼 CEO シャンタヌ・ナラヤン氏

アドビ 会長 社長 兼 CEO シャンタヌ・ナラヤン氏

 同社は、今回のサミットにおいて「顧客体験をビジネスの中心に」を大きなテーマに掲げている。

 オープニングのキーノートで、同社 社長 兼 CEOのシャンタヌ・ナラヤン氏は、より良い顧客体験を生み出す者を“Experience Maker”と表現。Experience Makerとして社内にデジタルの変革を起こそうと、13,000人の参加者に呼び掛けた。

 そして、各種クラウドのアップデートや新サービスの提供などが発表された中、特に「Adobe Cloud Platform」の強化に大きな注目が集まった。3月27日のキーノートで発表された主なトピックスは以下の通りだ。

次世代のAdobe Cloud Platformへ

 昨今、先進的な企業は“大量のコンテンツとデータを統合し管理できる新しいシステム”を求めている。同社はこれに対応する目的で、コンテンツやデータを管理する各種クラウドの連携を強化。これを「次世代のAdobe Cloud Platform」として発表した。

 具体的には、データ/コンテンツ/AIによるインテリジェントサービスのパワーを「Adobe Cloud Platform」上に統合。今後はこれを、顧客体験中心のビジネスを実現するためのエコシステムとして提供していく。

マーケター自身で広告クリエイティブの編集から配信、最適化を行えるように!

 次に、新しいセルフサービス式のプラットフォーム「Adobe Advertising Cloud Creative」が発表された。「Adobe Advertising Cloud Creative」では、広告クリエイティブの作成から編集、ターゲット化、配信、最適化に至るまでを、マーケター自らが一貫して行うことができる。代理店へクリエイティブの変更などを依頼する必要もない。

画像の検索・調整・パーソナライゼーションの自動化も実現

 また、「Adobe Experience Maneger」にAdobe Senseiを利用した新しいコンテンツ機能が搭載された。これにより、画像検索や画像の調整、コンテンツのパーソナライゼーションの自動化が実現した。

コミュニティ「Adobe Experience League」の立ち上げ

 そして、近代化が進むテクノロジーを活用して顧客に有意義な体験を提供するために、人材の強化にも取り組むことを強調。そのためのプログラムとして「Adobe Experience League」を立ち上げた。

 「Experience League」では、顧客企業へのサポートや顧客企業同士のコミュニティを提供する。また、自身の状況を把握するための自己アセスメントツールとして「Adobe Experience Index」のリリースも発表した。

【関連記事】
CyberZの効果計測ツール「F.O.X」、「Adobe Experience Cloud」と連携
米Adobe、検索連動型広告の管理ソリューションを発表 新UI×AI活用で運用工数の削減、ROI向上
ANA、「Adobe Experience Cloud」によりデジタル顧客体験向上の加速へ
東大発の金融ベンチャーがAdobe Analyticsを導入 アプリの利用状況を分析
Adobe Experience ManagerとMicrosoft Dynamics 365が統合

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/30 11:59 https://markezine.jp/article/detail/28150

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング