SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

動画広告の活用がもたらす価値に迫る(PR)

ユーザーのためになる動画広告を SMN×アルファアーキテクトの連携メニューがもたらす革新

最適なターゲットの範囲が明確に

MZ:すでにいくつかの事例が出てきている状況ですが「今後こういった活用が進むといいな」といったアイデアはありますでしょうか。

谷本:動画は昨今のマーケティングにおいて、認知だけではなく興味関心といったミドルファネルまで活用することができます。その分、どこまでターゲットを広げてアプローチするのかが重要になってくると思うので、「VALIS-Cockpit」で導き出したターゲット像から「どのファネル層までをターゲットとするか?」といった戦略をより具体的に検討できると良いのではないかと思います。

伊藤:「VALIS-Cockpit」を活用することで、ユーザーの潜在ニーズを先んじて把握し、より訴求効果の高いクリエイティブ要素を企画に入れ込むことができると考えています。先ほどの事例でもありましたが、ターゲットがどういったシチュエーションからそのニーズに至っているのかを、行動データから分析しています。

 そのため「ニーズが顕在化しやすい」潜在層ユーザーに対して、ナーチャリングしていくという観点で商品・サービスをより印象に残りやすい動画で訴求する取り組みをする際、様々な企業様にご利用いただきたいです。

ミドルファネルへのアプローチを浸透

MZ:最後に、今後の展望について教えてください。

谷本:今後、社会のデジタル化はさらに加速していくと思いますが、そうなったときにインターネット広告やデジタルマーケティングの重要性はさらに高まっていくはずです。目的も、ダイレクトレスポンス、ブランディングと分かれるのではなく、両方が融合していくのだと思います。そうなったときに必要となる、新しい価値指標を提供していける会社でありたいと思います。

 昨今はブランドセーフティなどの観点から、ユーザーを裏切る企業側のコミュニケーションが非常に問題視されています。それを健全なところに持っていくためにも、我々はAIや技術を駆使したマーケティングテクノロジーの開発・提供に尽力したいです。

伊藤:今回のSMNさんとの取り組みを通じて、我々が提唱するミドルファネルへのアプローチが浸透していくといいなと思っています。谷本さんもおっしゃっている獲得に近いダイレクトレスポンスと、認知に近いブランディングが融合していないのが、昨今のデジタルマーケティングの課題の一つだと思っています。

 我々はその課題に対する解決策の一つとして、動画自体をもっと興味のあるコンテンツとして視聴してもらうことで自然と商品やサービスに関する理解が深まり、アッパーファネルからミドルファネルに落とし込みやすい結果につながると考えています。そして、今回「VALIS-Cockpit」でユーザーインサイト分析が可能になったことで、より深いデータをもとにした最適なクリエイティブ企画をリーズナブルかつワンストップで行えるようになりました。

 今後も我々は積極的にこの取り組みを推進していき、良い事例を一緒にもっと作っていきたいと思っています。

「VeleT」の詳細に関してはこちら
同ソリューションに関するお問い合わせは、アルファアーキテクト株式会社まで
担当:広報 藤坂嘉乃
E-mail:support@a-a.email

・「Logicad」の詳細に関してはこちら

・「VALIS-Cockpit」の詳細に関してはこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
動画広告の活用がもたらす価値に迫る連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/11/28 11:00 https://markezine.jp/article/detail/32415

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング