SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

若年層が支持するインフルエンサー、わかりますか? “超”総合キャスティングの実現で急伸するエイスリー

ジャンルを超えた組み合わせが話題を生む

─―続いて、キャスティング事例について、教えてください。

山本:デジタル領域では、SNSで話題にすることを目的とした動画コンテンツのキャスティング相談が増えています。ポイントは、キャストの組み合わせですね。ひとつのコンテンツに対して、話題の女優やYouTuber、モデルなどジャンルを超えたキャストを組み合わせることで、話題化を考えていきます。もちろん、配役にあうだけでなく、ストーリーや設定も重要なのですが、キャストの組み合わせによる相乗効果は、オールジャンル扱える総合キャスティング力によるものだと思います。

 たとえば、某求人情報サイトの動画広告に、若年層に人気で、テレビやSNS(YouTube、Instagram、Twitter)で活躍しているインフルエンサーを複数名キャスティングしました。また、大手文具メーカーのイメージキャラクターにも、元格闘家、モデル、歌手、有名なご当地キャラクターをキャスティングしています。

─―どちらの事例も、「キャスト同士にどんなつながりがあるんだろう?」と思いますね。

山本:はい。キャスティングの妙と言いますか、話題化となるポイントです。キャスト間の関係性に気づく人はそれがおもしろいと捉えますし、それぞれのキャストにファンがいますから、話題化する起点が多く、結果として認知が高まることにつながります。

既存のキャスティングをアップデートしたい

─―最後に、今後のエイスリーのキャスティング戦略について、お聞かせください。

山本:デジタル領域を筆頭に、キャスティングに求められるニーズは、今後も広がっていくと考えています。エイスリーは、その変化にしっかりと対応できるよう、デジタルキャスティング強化プロジェクトを立ち上げ、キャスティングを最適化する研究を進めているところです。

 また今後も専門ユニットは増やしていく予定です。たとえば、日本の芸能人やクリエイターの海外進出支援をしたり、日本企業の海外進出時に海外の芸能人やインフルエンサーを気軽に起用できるようにしたりする、グローバルユニットがあります。国内に留まらず、グローバルでナンバーワンのキャスティングエージェンシーになりたいと考えています。

 そして、キャスティングの新しい価値も提案していきたいです。SPイベントユニットでは、MCやイベントコンパニオン等を起用する旧態依然だった展示会のキャスティングを、おもしろく変えていくことも考えています。たとえば、インフルエンサーや超イケメンを起用する、MCを司会芸人にするなど、顧客の課題に対しあらゆるジャンルのキャストで解決したいと思います。

 私は、タレントのマネジメントや音楽プロモーターを経て、デジタルの業界へとキャリアをシフトしてきました。ブログをはじめとした発信ツールが増えていく中で、様々な人たちが才能を発揮して、発信力を強めていく様子を見てきたのです。キャスティングにより、多様な才能が活躍する場を得て、お客様の目的も達成される。そんな世界を実現したいと思います。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/25 10:00 https://markezine.jp/article/detail/33017

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング