SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第103号(2024年7月号)
特集『ターゲティング大変革期の到来 規制・制限の向こう側から、押し寄せる「良波」が見えてきた!』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~(AD)

高いLTVは偶然には起こりはしない。Generation Twitchと繋がるための4ステップ

好奇心旺盛なGeneration Twitchを熱烈なブランド支持者に変える4ステップ

 オーディエンスとLTVを築くには、4つの段階的かつ流動的なプロセスがある。このブランド・エンゲージメントのサイクルを適切に実行することで、ブランドはオーディエンスと深いつながりを構築し、好奇心旺盛な彼らを熱烈なブランド支持者に変えることができる。

ステップ1:発見

 マーケターは、無数のコンテンツの中から自社ブランドを選んでもらうために、視聴者の注目を集めて、驚かせ、さらに彼らが属するコミュニティで何か共有するネタを提供する必要がある。これは、クリエイティビティにおいても、イノベーションにおいても同様だ。Twitchの視聴者は「ブランドはクリエイティビティにおいて目立つ存在であってほしい」という点で、Twitchの非視聴者よりも13%高い数字を示している。つまり、オーディエンスに発見されるための最初のステップとして、クリエイティビティの要素が重要となる

★Twitch活用のヒント★

Twitchは、ライブ配信を中心に幅広いトピックのコンテンツを提供するインタラクティブなコミュニティとして、クリエイティブかつ大胆で、楽しいものだと受け入れられている。実際に、Twitch視聴者の69%は「Twitchに広告を出すブランドは、よりクールでおもしろい」と回答していた。オーディエンスの注目や関心を集めるヒントとして、71%が「Twitchのインタラクティブツール(チャットや投票)の活用で、広告はもっとおもしろくなる」と回答していることも添えておく。

ステップ2:絆を築く

 次にステップ2では、製品の機能や企業の価値観にさえも透明性を持たせることで、オーディエンスと信頼を築き、つながりを強めることが重要だ。

 Twitchの視聴者は、ブランドの外観やスタイルだけでなく“本質”を求める傾向が、非視聴者より9%も高い。さらにブランドは何を伝えるかだけでなく、どう伝えるかも意識しなければならない。特にGeneration Twitchは、よりオープンにブランドを吟味・評価する傾向が強いと考えられるが、自信をもって自分たちのことを発信しているブランドについては、たとえそれが完璧でなくても、高く評価するだろう。

★Twitch活用のヒント★

ライブ配信は、Twitchの最大の魅力の1つであり、ライブ配信というサービスを提供する上で「信憑性」は欠かすことのできない部分である。視聴者の69%が「Twitchで広告を出すブランドは自社製品の品質に自信を持っている」と回答しており、70%が「Twitchではブランドや製品がより正直に評価される」と考えている。

次のページ
高いLTVは偶然には起こりはしない。中長期で戦略的に投資せよ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~連載記事一覧

もっと読む

提供:アマゾンジャパン合同会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/09/29 11:00 https://markezine.jp/article/detail/43243

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング