SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~(AD)

高いLTVは偶然には起こりはしない。Generation Twitchと繋がるための4ステップ

高いLTVは偶然には起こりはしない。中長期で戦略的に投資せよ

ステップ3:つながりを深める

 この段階では、ブランドはオーディエンスにとって単なる“名前”ではなく、コミュニティの一員となる必要がある。オーディエンスの声に耳を傾け、忠実なブランド支持者にコミットすることで、自然とブランドは親しみやすく、フレンドリーな存在として見られるようになる。

★Twitch活用のヒント★

Twitchのコミュニケーションは、双方向的でかつインタラクティブであるため、ブランドがオーディエンスとリアルタイムでつながる上で非常に効果的だ。Twitch視聴者の71%は「Twitchでは、ブランドはより人間的な側面を見せることができる」と回答し、74%は「Twitchが協力的なコミュニティである」と回答している。

ステップ4:啓蒙

 最後のステップ4は、オーディエンスがブランド愛を共有する時だ。この時、ブランドには、オープンにオーディエンスの意見に耳を傾けることが求められる。

★Twitch活用のヒント★

Twitchのコミュニティは、他のオンライン上のコミュニティよりもアクティブかつ寛大だ。視聴者の69%が「ブランドや広告について、コミュニティの意見を信頼している」と回答しており、68%は「Twitchで広告を出すブランドについてコミュニティ間でより多くの議論が交わされている」ことに同意している。

 ここまで4つのプロセスを見てきた。高いLTVは偶然に起こるのではなく、ブランドとオーディエンスの間にどのようにしてブランド・エンゲージメントが生まれるのかを理解することで実現すると言える。クリエイティビティ、リアルタイム性、信憑性の3つの観点で、ブランドはTwitchを通してマインドシェアを確立し、強力なブランド支持者になるオーディエンスとの長期的な関係を育むことができるのだ。

 Generation Twitchとつながるための競争は始まっている。中長期に結果を出すには、Generation Twitchのコミュニティとそのライフスタイルを理解することから始める必要がある。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~連載記事一覧

もっと読む

提供:アマゾンジャパン合同会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/09/29 11:00 https://markezine.jp/article/detail/43243

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング