SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SAS、オムニチャネルの意思決定基盤「Customer Intelligence」最新版を国内提供

 SAS Institute Japanは、企業がオムニチャネル・マーケティングを実践するための新コンセプト「Customer Decision Hub」、それを実現する顧客分析/統合マーケティング・ソリューション「SAS Customer Intelligence」の最新版の提供を開始した。

 SASは、顧客コンテキスト理解と複数チャネルをまたがった顧客対応をリアルタイムまたはイベントベースで連携する意思決定基盤のための新しいコンセプト「Customer Decision Hub」を推進。特定のチャネルに依存しない顧客中心の意思決定プロセスを集約することで、すべてのチャネルを駆使して顧客一人ひとりとの関係を強化するオムニチャネル・マーケティングを実現し、顧客生涯価値の拡大に貢献することを目指している。

 このコンセプトを実現するために、顧客分析/統合マーケティング・ソリューション「SAS Customer Intelligence」の最新版を提供。主要コンポーネントである「SAS Marketing Automation」「SAS Real-Time Decision Manager」「SAS Marketing Optimization」により構成され、各コンポーネントの緊密なデータ連携と統合管理を可能としたことで、全チャネルの顧客データの統合によるカスタマー・シングルビューの実現、その上で実現される大量データのリアルタイム分析と意思決定、全チャネルにわたる活動と結果のレポーティングが可能となる。

【関連記事】
フランス国鉄、SASのビッグデータ分析を活用して乗降客の行動分析
オムニチャネル化を支援するデジタル・マーケティング・スイート「SAS Adaptive Customer Experience」を国内提供
三陽商会とNTTデータ「SANYOオムニチャネル基盤」を構築、hybrisのソリューションがベースに
小売業オムニチャネル「勝ち組」企業の戦略とは? 「システム全体の在庫の可視性」は最優先事項

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/03/26 13:30 https://markezine.jp/article/detail/22218

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング