MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SAS、オムニチャネルの意思決定基盤「Customer Intelligence」最新版を国内提供

2015/03/26 13:30

 SAS Institute Japanは、企業がオムニチャネル・マーケティングを実践するための新コンセプト「Customer Decision Hub」、それを実現する顧客分析/統合マーケティング・ソリューション「SAS Customer Intelligence」の最新版の提供を開始した。

 SASは、顧客コンテキスト理解と複数チャネルをまたがった顧客対応をリアルタイムまたはイベントベースで連携する意思決定基盤のための新しいコンセプト「Customer Decision Hub」を推進。特定のチャネルに依存しない顧客中心の意思決定プロセスを集約することで、すべてのチャネルを駆使して顧客一人ひとりとの関係を強化するオムニチャネル・マーケティングを実現し、顧客生涯価値の拡大に貢献することを目指している。

 このコンセプトを実現するために、顧客分析/統合マーケティング・ソリューション「SAS Customer Intelligence」の最新版を提供。主要コンポーネントである「SAS Marketing Automation」「SAS Real-Time Decision Manager」「SAS Marketing Optimization」により構成され、各コンポーネントの緊密なデータ連携と統合管理を可能としたことで、全チャネルの顧客データの統合によるカスタマー・シングルビューの実現、その上で実現される大量データのリアルタイム分析と意思決定、全チャネルにわたる活動と結果のレポーティングが可能となる。

【関連記事】
フランス国鉄、SASのビッグデータ分析を活用して乗降客の行動分析
オムニチャネル化を支援するデジタル・マーケティング・スイート「SAS Adaptive Customer Experience」を国内提供
三陽商会とNTTデータ「SANYOオムニチャネル基盤」を構築、hybrisのソリューションがベースに
小売業オムニチャネル「勝ち組」企業の戦略とは? 「システム全体の在庫の可視性」は最優先事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5