SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本マクドナルド、『Pokémon GO』と単独ローンチパートナーシップを締結~店舗がゲームに登場

 日本マクドナルドとNiantic、ポケモンは、7月22日に公開されたアプリ「Pokémon GO」とのコラボレーションを実施することを正式に発表した。単独ローンチパートナーとして、国内のマクドナルド全店舗(約2,900店舗)が同ゲーム内の「ジム」や「ポケストップ」として登場する。

 今回のコラボレーションでは、「Pokémon GO」の中で、国内のマクドナルド全店舗(約2,900店舗)が、さまざまなアクションができる場所としてゲーム上のマップに登場する。ゲーム内では約400店舗が他のプレイヤーと戦える「ジム」に、残る約2,500店舗が、モンスターボールなどのゲームを進める上で必要な道具を入手できる「ポケストップ」になっている。

ジムとポケストップの役割

 ジム:プレイヤーは一定レベルに達すると3チームのうちいずれかのチームに参加でき(チームに参加すると「ジム」に所属できる)、バトルを繰り広げて「ジム」を取り合う。自分と同じチーム(「仲間チーム」)のプレイヤーと協力しながら、「仲間チーム」の「ジム」を守ることや、相手のチームのジムを攻略することができる。

 ポケストップ:公共のアート作品、歴史的なスポット、博物館や遺跡など、人々が関心を持つような場所がポケストップに指定されている。プレイヤーが近づいてタップすると、モンスターボールなどの道具やポケモンのタマゴを手に入れることができる。

 「Pokémon GO」は、位置情報を活用したモバイル向けのゲームアプリケーション。現実世界を舞台にプレイヤーはポケモンを捕まえたり、バトルしたりできる。プレイヤーの位置情報とゲーム内の位置情報が連動しており、プレイヤーが現実世界を移動すると、ゲーム内でも同様に移動する点が特徴。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/22 19:27 https://markezine.jp/article/detail/24878

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング