MarkeZine(マーケジン)

記事種別

投資をしない理由「資金がない・損するのが怖い」、しかし老後への不安も

2008/07/07 16:10

 オールアバウトは、30歳~59歳の会社員(年収500万以上)を対象に「投資とお金の専門家についてのアンケート」を実施し、524名(男性:50.0%、女性:50.0%)から有効回答を得た。投資については、「現在投資している」人と「現在投資していない 人」が半数ずつ含まれている。

 現在、投資している人の情報源として最も多かったのは「インターネット」。運用の際に利用するものとしては、「インターネット」(69.8%)、「新聞」(43.1%)、「マネー雑誌」(38.2%)、新しい金融商品を検討する際も「インターネット」(65.3%)、「マネー雑誌」(39.3%)が高くなっている。

 投資をしている人に、利益以外に良かったことをたずねたところ、約7割が「知識の幅が広がった」と回答。「社会の仕組みや経済に興味を持つようになった」も6割に達している。

 一方、投資をしていない人にその理由をたずねたところ、「余裕資金が無い」が最も多く63.7%、「損をするのが怖い」も55.0%に達している。しかし、老後や退職後の経済的な準備については、「必要だと思うが何をしていいかわからない」も3割を超える。対照的に投資をしている人では「準備をしている」が35.1%と最も多くなっており、投資経験者と未経験者では、意識にかなりの違いがあるようだ。

【関連記事】
約3割が「団塊世代向け商品」に抵抗感、小遣いは定年後に2万円以上もダウン【団塊世代サラリーマン意識調査】
シニア世代のランチ予算、男性は825円、女性は989円とややリッチ志向【ネットエイジア外食利用実態調査】
今年の夏のボーナス、7割の人が「自由に使える金額が減っている」
世帯平均貯蓄額は1,259万円、約4割が「1年前とくらべて貯蓄が減った」
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5