SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、ロシアに広告子会社「電通スマート設立」

 これまで、ロシアにおける電通の営業活動は、ロシア最大のメディアセールス会社ビデオ・インターナショナルの広告子会社であるスマート・コミュニケーションズを通じて行われてきた。しかし、ロシア経済の急速な発展に伴い、クライアントの広告活動が急拡大したため、電通独自の営業拠点を築き、日系企業を始めとするロシアでのビジネス拡大を目指すことになった。

 新会社設立にあたっては、オランダ・アムステルダムに持株会社として電通スマート・ホールディングス(DSH)を電通が51%出資して設立し、DSHがビデオ・インターナショナルからスマート・コミュニケーションズの持分を取得することで、100%子会社の電通スマートとする。CEOには、現スマート・コミュニケーションズCEOのアレクサンダー・ロマノフ氏が就任する。

ゼニス・オプティメディアの世界広告費予測(2008年10月発表)によると、ロシアの広告市場は2007年の89億5700万US$(世界13位)から、 2010年には161億1000万US$(世界6位)へと急成長することが見込まれている。

【関連記事】
Googleがロシアのオンライン広告会社を買収、ロシアで人気のサイトって?
博報堂、1兆円市場となったロシアに新会社設立
電通ホールディングスUSA、米広告会社マックギャリー・ボウエンを買収
電通ホールディングス・ヨーロッパ解散

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング