MarkeZine(マーケジン)

記事種別

新聞と雑誌に“実力以上の”広告費を投下していないか?
【eMarketer調べ】

2011/12/14 13:05

 eMarketreは、2011年、米国の成人が印刷媒体(新聞・雑誌)に費やす時間よりも、モバイル端末に接触している時間のほうが長くなると予測している。一方、「モバイルがテレビを侵食するのではないか」という業界の不安とは異なり、従来のテレビ受像機での視聴時間は増加している。インターネットは7.7%、携帯電話は30%と、それぞれ利用時間を大きく伸ばしたが、ラジオと印刷媒体は減少している。

米国成人が主要メディアに費やす1日あたりの平均時間(2011年)
米国の成人が主要なメディアに費やす1日あたりの平均時間(2011年)

 eMarketerは、これらのメディア接触時間のシェアと各メディアに投下されている広告費のシェアを比較。下のグラフを見ると、インターネットとモバイルの接触時間に広告費のシェアは追いついていない。その一方で新聞・雑誌は、広告費のシェアがメディア接触時間を大きく上回り、メディアの実力以上の広告費を投下しているともいえる結果となった。

米国成人の1日あたりの平均的なメディア接触時間と
米国の広告費のシェア比較(2011年) 
赤:メディア接触時間のシェア 黒:広告費のシェア
米国成人の1日あたりのメディア接触時間と米国の広告費のシェア比較(2011年)

【関連記事】
米国人の6割が「インターネット広告」を無視
日米アマゾンが今年のベストセラーを発表、米国1位は「ジョブズ伝記」
「ネットで匿名を使うのは失礼だ」60%【米世論調査】
旅行中もソーシャルメディア依存症が急増?
ここまで違う、スマホ利用者とフィーチャーフォン利用者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5