SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

新聞と雑誌に“実力以上の”広告費を投下していないか?
【eMarketer調べ】

 eMarketreは、2011年、米国の成人が印刷媒体(新聞・雑誌)に費やす時間よりも、モバイル端末に接触している時間のほうが長くなると予測している。一方、「モバイルがテレビを侵食するのではないか」という業界の不安とは異なり、従来のテレビ受像機での視聴時間は増加している。インターネットは7.7%、携帯電話は30%と、それぞれ利用時間を大きく伸ばしたが、ラジオと印刷媒体は減少している。

米国成人が主要メディアに費やす1日あたりの平均時間(2011年)
米国の成人が主要なメディアに費やす1日あたりの平均時間(2011年)

 eMarketerは、これらのメディア接触時間のシェアと各メディアに投下されている広告費のシェアを比較。下のグラフを見ると、インターネットとモバイルの接触時間に広告費のシェアは追いついていない。その一方で新聞・雑誌は、広告費のシェアがメディア接触時間を大きく上回り、メディアの実力以上の広告費を投下しているともいえる結果となった。

米国成人の1日あたりの平均的なメディア接触時間と
米国の広告費のシェア比較(2011年) 
赤:メディア接触時間のシェア 黒:広告費のシェア
米国成人の1日あたりのメディア接触時間と米国の広告費のシェア比較(2011年)

【関連記事】
米国人の6割が「インターネット広告」を無視
日米アマゾンが今年のベストセラーを発表、米国1位は「ジョブズ伝記」
「ネットで匿名を使うのは失礼だ」60%【米世論調査】
旅行中もソーシャルメディア依存症が急増?
ここまで違う、スマホ利用者とフィーチャーフォン利用者

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/12/14 13:05 https://markezine.jp/article/detail/14848

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング