SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドエビス、「Amazon S3」「Google Cloud Storage」と連携を開始

 ロックオンは、同社が提供するマーケティングプラットフォーム「アドエビス」において、Amazon Web Servicesが提供する「Amazon Simple Storage Service (以下、Amazon S3)」と、Googleが提供する「Google Cloud Storage」との連携を開始した。

 同連携により、アドエビスで収集したマーケティングデータ(広告ログ、Webアクセスログなど)と、企業が保有するビッグデータ(顧客データ、POSデータなど)を、Amazon S3、およびGoogle Cloud Storage上でシームレスに統合・分析できるようになった。

連携イメージ
連携イメージ

 統合されたビッグデータは、様々な分析基盤やBIツールとの連携により、認知から購買・リピートに至るまでのユーザー行動や、ユーザー属性およびインサイトなど、様々な角度から分析・レポートが可能となる。

【関連記事】
アドエビス、トレジャーデータのカスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP」と連携開始
アドエビス、「シナリオコンバージョン」機能を追加 特定のユーザー行動をコンバージョンとして計測可能に
デバイス/ブラウザ間のユーザー行動を可視化 アドエビス、AI搭載の「クロスデバイス機能」をリリース
ロックオン、インテージと協業でアドエビスの新サービスを開始
Web接客ツールの「Sprocket」、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング