SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セレクトショップに関する調査で、ファッション購入場所として最も多かったのは「スーパー」

 マイボイスコムは、さまざまなファッションブランドの商品をセレクトして販売する「セレクトショップ」の利用に関する調査を行い、14,193人(男性6,529人、女性7,664人)から回答を得た(うち、10代:176人、20代:2,197人、30代:5,416人、40代:4,058人、50代以上:2,346人)。

 「ファッション関連商品(洋服・バッグ・帽子など)」を購入する際に、セレクトショップを利用したことがあるかをたずねたところ、「過去に利用したことがある」が24.0%、「現在利用している」が10.7%で、セレクトショップの利用経験率は合わせて34.7%となっている。

 購入したことのあるセレクトショップとしては、「BEAMS」が20.4%で最も多く、「SHIPS」が17.0%、「UNITED ARROWS」が15.8%、「TOMORROWLAND」が11.8%で続いている。セレクトショップで重視する点は、「自分のほしいものが見つかる」53.3%、「値段が手ごろ」46.9%、「センスが良い」39.3%、「好きなブランドがある」34.2%などとなっている。

購入したことのあるセレクトショップ

 しかし、「ファッション関連商品をどこで購入することが多いか」という質問に対しては、「スーパー」が44.9%で最も多く、「百貨店」36.0%、「ショッピングモール」31.8%が続いている。

ファッション関連商品の購入場所

 ひと月あたりのファッション関連商品購入金額を見ると、「3,000円未満」28.7%、「3,000~5,000円未満」19.2%、「5,000~10,000万未満」18.4%となり、「10,000円未満」という回答が全体の6割以上に達している。

【関連記事】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/15 14:05 https://markezine.jp/article/detail/4561

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング