SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ユニクロ的「価格・デザイン・機能性」の三位一体で攻める!イオンが“吸汗速乾”インナーを拡充して展開

 「トップバリュ クーリッシュファクト」は、東洋紡との共同開発により、すばやく汗を吸い乾かす「吸汗速乾」機能や、着用時にひんやり感のある「接触冷感」機能を備えた商品。2008年に販売を開始し、62万枚を販売した。

 今年は紳士用のTシャツやソックス、婦人用のレギンスなどを追加し、Tシャツ780円、婦人用キャミソール980円と低価格を実現。品質を追求しながら、自社物流網や展開店舗数を昨年の1.8倍に拡大、グループのスケールメリットを活かすことによって低価格を実現した。また、イオンは今春、「トップバリュ」ののカジュアルパンツのラインナップを強化し、婦人用7分丈パンツを8色、紳士用ジーンズは2つのシルエット、8つのウエストサイズ、6つの股下サイズの合計102通りのサイズを展開し、ともに1980円で販売する。

 汗をかいてもベタつかずに快適に過ごせるといった機能性をセールスポイントにした商品では、ユニクロが2003年に発売したカラダの水蒸気を吸収して発熱する「ヒートテック」、2005年発売の吸汗速乾性を持つスポーツウェア「BODY TECH」が人気を集めている。ユニクロは、価格・デザイン・機能性を兼ね備えた製品を提供するブランドとして知られるが、景気の悪化によって食品などの分野で低価格なプライベートブランド商品を展開し、消費者を引き付けている大手スーパーも衣料品で同じような戦略を取りつつある。

【関連記事】
イオンがPB「トップバリュ」2200品目を値下げ、低価格化を加速
「PB食品の購入が1年前より増えた」利用者は97%、「トップバリュ」「セブンプレミアム」に高評価
生活防衛の強い味方、PB商品の購入頻度「増えた」4割
「ヒートテック」に続くヒットになるか、ユニクロが洗濯機で洗える女性用セーター発売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング