SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

OMO とは?(Online Merges (with) Offline/デジタルオーバーラッピング)

オーエムオー

記事更新  

OMOとは

オンラインがオフラインを併合し、すべてがデジタルになった世界を表現した言葉。様々なものがデータ化されていくだけでなく、それらのデータは個人のIDと結び付き、日々UX向上やコンテンツ改善のために利活用されていく。

OMOを理解できる事例記事

JINSが実践するOMO時代のデータドリブンマーケティング

 スマートフォンの普及により、メーカー・小売りのビジネスにおいてもOMOの概念が急速に広まっている。医療機器であるという特性上、直接来店して購入する消費者が多いメガネの分野でも、オンラインで情報収集をする人が増えているという。

 そうした中でジンズが目指しているのは、実店舗・オンライン店舗に関わらず、同じレベルのサービスを提供すること。たとえば、スマートフォンのカメラを利用して、オンラインでリアルタイムに3D試着ができるサービス「JINS VIRTUAL FIT」や、来店前にアプリで各店舗にあるメガネを購入できる「CLICK&GO」などのサービスを影響している。

OMO時代のデータドリブンマーケティング JINS×ISIDが提言する施策実現力の秘訣

記事「OMO時代のデータドリブンマーケティング JINS×ISIDが提言する施策実現力の秘訣

 記事では、これらのOMO施策の実施においてジンズが協業しているISIDとの取り組み内容について紹介。どのような流れで施策の実現まで動いていったのか、OMO施策を実現するためのポイントを理解することができる。

PARCOが取り組むOMO事例

 「いつでも、どこからでも買える」時代に、お客様に選んでもらい続けるためには? デジタル時代のショッピングセンターの在り方を探っていたPARCOは、「お客様それぞれの興味関心や嗜好を理解した上で、個客に対し商品・サービス単位での提案と、シーンに合わせたコミュニケーション」の実現に向けて、取り組みを進めている。

店舗は“売る”から体験提供、“個客理解”の場へ PARCOが取り組むOMOとは

記事「店舗は“売る”から体験提供、“個客理解”の場へ PARCOが取り組むOMOとは

 この取り組みの中で、PRACOのOMOを実現するのがスマートフォンアプリの「POCKET PARCO」だ。記事の中では、アプリを通してどのようなデータドリブンなコミュニケーションを展開しているのか、また実店舗での顧客体験の向上に繋げているかなど、PARCOのOMO施策が詳しく紹介されている。

「デジ単」デジタルマーケティングの単語帳 イメージでつかむ重要ワード365』より抜粋

カテゴリの他の用語

カテゴリの用語一覧へ

用語集TOPへ