SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、「電通モダン・コミュニケーション・ラボ」発足
主宰者・佐藤尚之氏は3月末で電通退社

 電通の社内組織「サトナオ・オープン・ラボ」は今年1月、ソーシャルメディア時代の生活者消費行動モデル概念「SIPS」を発表した。電通は、広告プラットフォームとして重要な役割を担うソーシャルメディアやその周辺のメディアやツールを活用したコミュニケーションの研究などを行うため、「サトナオ・オープン・ラボ」を発展・進化させた新組織「電通モダン・コミュニケーション・ラボ」を4月1日付けで立ち上げる。

 ラボを主宰するのは、ブロガー「さとなお」としても知られている佐藤尚之氏(現 電通コミュニケーション・デザイン・センター シニア・クリエーティブ・ディレクター)。ラボでは、「SIPS」を含めた次世代コミュニケーションの研究のほか、次世代ソリューション・プランナーの育成、クライアント企業への次世代型統合ソリューションの提供などを行う。佐藤尚之氏は3月末日で電通を退社するが、コミュニケーション研究開発について引き続き電通と共同で活動していく。

【関連記事】
電通「サトナオ・オープン・ラボ」、ソーシャルメディアに対応した消費行動モデル「SIPS」発表
電通、フェイスブックと提携、プレミア広告を独占販売
震災情報の信頼度「NHK」が1位、ソーシャルメディアは功罪相半ば

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング