MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マーケ領域におけるAIツール・サービスの導入率は2割弱/約4割が効果を実感【ジャストシステム調査】

2019/03/07 07:15

 ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用し、マーケティング、広報、販売促進などに関わる20~59歳の男女478名を対象に「AIツールとマーケティング業務に関する実態調査」を実施した。

AIツール・サービスの導入率は2割弱

 はじめに、「現在、所属部署においてAIツール・サービスを導入しているか」を調査。その結果、「導入している」と答えた人は17.3%だった。

 また、現時点で導入をしていない人からは、「2019年内には導入予定(8.7%)」「導入する案は持ち上がっている(13.2%)」「導入する可能性はある(28.5%)」といった回答が寄せられた。なお、これらをあわせた50.4%の回答者が導入に前向きな一方で、「今後も一切導入することはない」と答えた人は15.0%だった。

「AIツール・サービスの導入状況」(n=446)

4割以上が「業務の効率化」を実感

 次に、AIツール・サービスを業務で活用している人に対して、「導入後の変化」に関する調査を実施。すると、44.2%の人が「業務効率が改善した」と答えた。また、「業務負荷が改善した」と感じている人は35.1%で、「顧客の状況をより理解できるようになった」と感じた人は28.6%だった。一方で、「特にこれといった変化はない」と答えた人は11.7%だった(複数回答あり)。

未導入の半数以上が導入を希望

 続いて、AIツール・サービスが部署に導入されていない人に対し、導入の意向を調査。その結果、「導入を強く希望している(9.6%)」「導入を希望する(43.8%)」をあわせた53.4%が導入を希望していることがわかった。なお、「導入を希望しない」と答えた人は9.6%だった(※)。

※「できれば希望しない」「希望しない」の合計

導入が進まない理由は「活用法が不明確」「費用が高い」

 さらに、上記回答者に対して導入が進まない理由を尋ねたところ、「どのように活用するのかが明確になっていない(39.4%)」と答えた人が最も多く、次いで「費用が高い(32.2%)」「費用に見合った効果を社内で明確に提示しにくい(29.8%)」となった(複数回答あり)。

約6割がAI活用による効果に期待

 最後に、今後AIツール・サービスの活用によって得られる効果への期待度を調査。その結果、「とても期待している(16.1%)」「期待している(43.0%)」をあわせた59.1%の人が今後のAI活用に肯定的であることが明らかになった。一方で、「あまり期待していない」人は6.3%で、「期待していない」人は6.1%だった。

【調査概要】
調査期間:2019年1月25~31日
調査対象:事前の調査で現在の職種が企画、マーケティング、広報、販売促進、市場調査・分析、クリエイターであると回答した20~59歳の男女478名

【関連記事】
トランスコスモス、「リターゲティング広告最適化AI」を活用した広告運用サービスを開始
TDSEとSKIYAKIが業務提携 AIを活用したファンマーケティングの新規開発に注力
AI活用で「不正広告」の検出・無効化を支援/MetaX、「adChain Audits」提供へ
AIが5タイプの動画クリエイティブを生成!オープンエイト、「VIDEO BRAIN」に新機能を追加へ
AI活用でカラーや着こなしなどのトレンドを予測!三陽商会とファッションポケットが業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5