SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ドコモ、BlackBerryの個人向けサービスを8月1日スタート

 NTTドコモは、カナダに拠点を持つResearch In Motion社のモバイル情報端末「BlackBerry」を、2006年秋から法人ユーザ向けに提供。今回、発表された「ブラックベリーインターネットサービス」によって、FOMA契約者で対応端末「BlackBerry 8707h」の個人ユーザーも国内での利用が可能となった。

 月額3,045円の「ブラックベリーインターネットサービス」では、BlackBerry専用のメールアドレスに加えて最大10個まで利用可能。パソコン向けサイトの閲覧できるほか、BlackBerry端末同士なら、複数メンバーで同時にパケット通信を利用したインスタントメッセージが利用可能となっている。

BlackBerry 8707h

 8月1日のサービスの提供開始に合わせて販売チャネルも拡大され、インターネット受付およびドコモショップ法人営業部門でも「BlackBerry 8707h」の販売を開始する。しかし、「BlackBerry 8707h」は2006年に法人向けサービスを開始したときから提供しているモデル。現在のところ選択肢はこれしかないが、今後のラインナップに期待したい。

 NTTドコモは「ブラックベリーインターネットサービス」のほかに、専用のパケット割引サービス「ブラックベリーデータ通信パック」も9月1日にスタート。8万パケットまでは月額1,680円で、超過分は1パケットあたり0.0525円で提供する。これを併用すると、ひと月あたりの料金は、「タイプSS」(オフィス割MAX50)1,890円、「ブラックベリーインターネットサービス」3,045円、「ブラックベリーデータ通信パック」1,680円で、合計月額6,615円からとなる。

【関連記事】
ドコモ、iPhoneではなくBlackBerryを発売との報道
iPhoneもBlackBerryも対応、バリューエンジンのスマートフォン実機検証サービス
中国:2008年第1四半期スマートフォン販売量、820万台に
イー・モバイル、7月から「EMONSTER」ほかスマートフォンでIP電話サービス
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング