SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

進む若者のタバコ離れ? 喫煙者は全体の3割に満たず

 自立人(フリーター)協会は「若者の“たばこ増税”と“喫煙”に関する意識」についての調査を行い、主に20代を中心とした若者(男性57.1%、女性42.9%)から212件のサンプルを得た(うち学生41.5%、正社員23.1%、アルバイト10.4%、無職9.9%ほか)。調査は下北沢周辺の該当と自立人協会ウェブサイトで行われた。

 たばこ税の大幅引き上げを目指す超党派の「たばこと健康を考える議員連盟」が発足し、1箱の価格を600~1000円に引き上げるよう提言する見通しとなっているが、本調査で喫煙の有無をたずねたところ、半数以上がたばこを「吸ったことがない」と回答。喫煙者は29.2%と3割にも満たないことがわかった。

「喫煙の有無」(N=212)

 また、たばこが1箱1000円になっても吸い続けるかどうかを喫煙者(62名)に尋ねたところ、40.3%が「すぐに禁煙する」、30.6%が「本数を減らし、いずれ禁煙する」と回答。合計すると70.9%が1箱1000円になったら禁煙しようと考えている。

 たばこ税引き上げによるたばこの値上げ(1箱1000円)への賛否については、「賛成」が42.9%、1000円以下の条件付きでの「賛成」が12.7%となっており、全体で半数以上の人が「賛成」している。反対する人は喫煙者の58.1%、賛成する人は非喫煙者の55.8%に達しているが、喫煙者でも賛成の人、非喫煙者でも反対する人がそれぞれ1割前後見られた。

 喫煙者・非喫煙者全員に対して、「たばこ税」の引き上げにより税収が増えると思うかどうか尋ねたところ、「増える」が41.0%と最も多く、「増えない」と「わからない」がともに29%強見られた。また、「たばこ税」の使い道として期待する分野を尋ねたところ、1位は「年金」となり、「介護」、「環境」となっている。

【関連記事】
たばこ自動販売機、8月から深夜稼動自主規制を12年ぶりに解除
全国導入スタートで、コンビニの「taspo特需」最後の大波?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング